ニューノーマル時代に向けた働き方やオフィス利用の多様化にも対応する新空調システムを販売開始 ― 快適、安心を一人ひとりに。オフィスの価値向上や省エネルギーに貢献 ―

2021年3月29日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、このたび、ニューノーマル時代の働き方に合わせて、よりパーソナルな執務環境や可変性の高いレイアウトに適応し、快適で使い勝手の良いオフィス空間を実現する新空調システム「セントラル空調向け セル型空調システム ネクスフォート™DD」の販売を開始しました。

ニューノーマル時代においては、働き方の多様化によりオフィスの執務エリアへの要望が変化しています。例えば、3密を避けた着座に合わせて適切に空調することや、Web会議向けの小間仕切りの部屋を複数設置することなどがあります。
本システムは、セル(吹出口単位)で細かく分割されたゾーンごとの温度制御を実現するシステムであり、吹出口上部に設置するスマート型ディフューザー用制御ダンパ、空調コントローラ、執務者のデスク上に設置して温度・湿度・照度を計測するワイヤレスセンサ、スマートフォンアプリで構成されます。これにより、執務者がスマートフォンから手軽に周囲を暖かくしたり、冷たくしたり、真夏の帰社時に一時的に涼しくするなどの空調操作ができ、執務者好みの空間を作り出すことが可能になります。また、空調のゾーニングが細かいため、レイアウト変更にもフレキシブルに対応ができます。

ネクスフォートDD


さらに、当社の建物中央監視システムsavic-net™G5に接続することで、室内CO2濃度の制御や外気を適切に取り入れる換気制御ができるなど、感染拡大防止対策にも活用できます。

本システムは、建物の空調制御の分野で培ってきた技術と、戸建向け全館空調システム「きくばり™」のノウハウを融合したシステムであり、今後、新築・既設オフィスビルに積極的に販売し、ニューノーマル時代のオフィスワーカー一人ひとりに快適と安心をお届けしてまいります。

■商品の詳細はこちら
ネクスフォートDD

当社はazbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献と持続的な成長を目指し、今後も先進的な製品・システムの開発に注力いたします。

*ネクスフォート、savic-net、きくばりは、アズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
プロダクトマーケティング部
TEL:0466-52-7112