アズビル、「国連グローバル・コンパクト」に署名

2021年4月20日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、国際連合が提唱する「国連グローバル・コンパクト(United Nations Global Compact)」*1へ署名し、2021年4月16日に参加企業として登録されましたので、お知らせします。併せて、日本におけるローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に加入しました。

azbilグループは、グループ理念「人を中心としたオートメーション」を事業活動の基盤として、社会の持続的発展に貢献するCSR経営を実践しています。「国連グローバル・コンパクト」に定める「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野にかかわる10原則*2は、すべてazbilグループが以前より真摯に取り組んできたことと重なっており、今般、国際的に認知されているイニシアチブに参加することを機に、今までの取組みをグローバルに展開・強化するとともに、SDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に向けた更なる努力を継続してまいります。

azbilグループは、「人を中心としたオートメーション」のグループ理念の下、社会的責任を全うし、持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献と持続的な成長を目指し、グローバルな社会的課題の解決に取り組んでまいります。


*1 「国連グローバル・コンパクト」
企業や団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取組み。「国連グローバル・コンパクト」に署名する企業・団体は10原則に賛同するトップ自らのコミットメントの下、その実現に向けて努力を継続することが求められる。
参考:グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン http://www.ungcjn.org/gc/index.html

*2 国連グローバル・コンパクトの10原則
人権 原則1:人権擁護の支持と尊重
原則2:人権侵害への非加担
労働 原則3:結社の自由と団体交渉権の承認
原則4:強制労働の排除
原則5:児童労働の実効的な廃止
原則6:雇用と職業の差別撤廃
環境 原則7:環境問題の予防的アプローチ
原則8:環境に対する責任のイニシアティブ
原則9:環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止 原則10:強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006