「令和3年度 先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金」の公募においてアズビルをエネマネ事業者として活用するスキームが採択

2021年10月14日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、工場領域において、当社をエネルギー管理支援サービス事業者(以下、エネマネ事業者)として活用するスキームが、「令和3年度 先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金*1」(以下、本事業)に採用されたことをお知らせします。
本事業は、事業者が計画した省エネルギーの取組みのうち、省エネルギー効果の要件を満たす事業に要する経費の一部を補助する事業です。株式会社マルイの事業においては、下記のように事業区分として(B)オーダーメイド型事業+(D)エネマネ事業にて申請・採択されており、エネマネ事業者としてエネルギー削減を支援してまいります。

■当社をエネマネ事業者として活用する事業
事業区分 事業者名 事業の名称 事業の概要
(B)オーダー
メイド型事業

(D)エネマネ事業


株式会社マルイ
株式会社マルイ本社工場における省エネルギー事業 既存の濃縮装置をドライヤーからの廃熱を利用する
省エネ型濃縮装置に更新することで、蒸気使用量を
削減し、スクラバーから出る排ガスをボイラ燃焼空気
として利用することにより脱臭炉が不要となり
脱臭炉で使用した重油が削減できる。また、EMS
制御により魚油をボイラー燃料として使用することに
よりA重油使用量を削減する。

※一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)の交付決定案件一覧より抜粋したものです。
※事業区分(A)先進事業、(B)オーダーメイド型事業、(C)指定設備導入事業の対象設備は単独申請のほか、他事業区分の設備を組み合わせて申請することが可能です。また、(A)(B)(C)いずれかの事業区分に、(D)エネマネ事業を加えて申請することが可能です。(各事業区分の申請要件を満たす必要があります。)

当社は、SIIが行ったエネマネ事業者公募に応募し、令和3年度のエネマネ事業者として8年連続で登録されております。今回の採択を含めると、工場領域において通算で21件の採用実績となります。

2030年のエネルギーミックスの達成、また2050年のカーボンニュートラル実現に向け、当社は、エネルギーマネジメントを重要な事業領域として位置づけており、現在までに様々な省エネソリューションを提供しています。今後も、こうした豊富な実績とノウハウにより、さらなる市場拡大を目指します。

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献と持続的な成長を目指し、今後も社会的課題やお客さまのニーズに対応した製品・サービスを提供してまいります。

*1 令和3年度 先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金について
導入ポテンシャルの拡大等が見込める先進的な省エネ設備・システムの導入、機械設計が伴うオーダーメイド型設備への更新やプロセス改修、省エネルギー性能の高いユーティリティ設備・生産設備等への更新、計測・見える化・制御等の機能を備えたエネルギーマネジメントシステムを導入することにより省エネルギー効果の要件を満たす事業に要する経費の一部を補助する事業。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 アドバンスオートメーションカンパニー
SSマーケティング部コミュニケーション企画グループ TEL:0466-52-7040