アズビル、住宅用全館空調システム「きくばり」の電子式エアクリーナ性能を第三者機関にて試験実施、浮遊ウイルスの99.99%以上除去を確認

2022年4月6日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、戸建住宅用全館空調システム「きくばり」の電子式エアクリーナ※1について、屋内浮遊ウイルス除去性能の第三者機関による試験を実施し、高い除去性能を有することを確認しました。

「きくばり」は一台のシステムで家全体の冷房、暖房、換気、空気清浄、除湿を行う製品で、商用施設でも採用されている強力な除去性能を持つ電子式エアクリーナを装備している点が特徴です。空気中の粒子を静電気で吸着するため、捕集効率が大変よく、一般的な家電のエアクリーナの10倍以上の処理能力(風量)を持つ上、PM2.5 を99%除去する※2性能を持っています。

この度さらに、一般財団法人 北里環境科学センターによる「エアクリーナによる浮遊ウイルスの除去性能評価試験※3を実施し、「きくばり」の電子式エアクリーナは、浮遊ウイルスに対する一定の抑制性能を有し、「浮遊ウイルスを99.99%以上除去する能力を有する」という結果が得られました。

健康経営優良法人

この試験は、25㎥の密閉空間にウイルスを一定量散布した状態で、電子式エアクリーナを稼働させて経過時間ごとのウイルス数を計測したものです。数値は単位容積の空気に含まれるウイルス数の減少率を対数で表記しています。電子式エアクリーナを稼働させた場合、約15分で、約99.99%のウイルスを除去できたことが分かりました。

「きくばり」は、1台の空調システムで家中を空調するため、居室はもちろんのこと廊下や脱衣所も温度差が少なくヒートショック・熱中症のリスクを低減できるほか、間仕切りの少ない開放的な間取りでも快適に過ごすことができます。今回の調査で高いウイルス除去性能を有していることが確認できたことから、住宅内での快適、健康、安心に向けての暮らし提案をより積極的に展開してまいります。

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献と持続的な成長を目指し、社会課題の解決と地球環境に貢献する製品・サービスを提供してまいります。

※1 全館空調システム「きくばり」の電子式エアクリーナは、機種によってオプションでのご案内となります。
※2 PM2.5への対応:0.1~2.5㎛の粒子を99%除去。
 ・換気などによる屋外からの新たな粒子の侵入は考慮しておりません。
 ・PM2.5とは2.5㎛以下の微小粒子状物質の総称です。
 ・この全館空調システム(電子式エアクリーナ付)では0.1㎛未満の微小粒子物質については除去の確認ができていません。また空気中の有害物質のすべてを除去できるものではありません。
 ・32㎥(約8畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。
 ・試験方法:日本電機工業会 自主基準(HD-128)
 ・判定基準:0.1㎛~2.5㎛の微小粒子物質を32㎥(約8畳)の密閉空間で99%除去する時間が90分以内であること。 〔32㎥(約8畳)の試験空間に換算した値です〕
※3 エアクリーナによる浮遊ウイルスの除去性能評価試験
 ・試験方法:一般社団法人 日本電機工業会JEM1467「家庭用空気清浄機」付属書D「浮遊ウイルスに対する除去性能試験」を参考に、試験品による浮遊ウイルスの除去性能を求めた。
 ・試験品:電子式エアクリーナ天井設置タイプ(天埋型)  型番:FKR21F401V1-E
 ・試験機関:一般財団法人 北里環境科学センター(報告書No. 北生発2021_0665 号)

※本製品は医療機器ではありません。ウイルスによる感染予防を保証するものではありません。また空気中のウイルスのすべてを除去できるものではありません。
※換気等による屋外からの新たな粒子やウイルスの侵入は考慮しておりません。25㎥(約6 畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。
※きくばりはアズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006