2022年度 計測自動制御学会「新製品開発賞」を受賞

2022年9月9日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、公益財団法人 計測自動制御学会(SICE)の2022年度の学会賞として「新製品開発賞」を受賞いたしましたのでお知らせします。

SICEは計測・制御・システムの分野において、研究をはじめ、関連分野、産官学との連携、情報発信の役割を担う中核的な学会です。新製品開発賞は、産業の分野の発展に貢献した新製品の創案に対して贈られます。

■ 新製品開発賞
「アジャスタブル近接センサ 形 H3C-H」
アジャスタブル近接センサ 形 H3C-Hは、1台で2つの出力を保有し、検出領域内でティーチング方式によって最適な動作点を設定する自動チューニング機能を搭載しています。
2つの出力は動作モードを組み合わせることができ、1台で最大4エリアの判別が可能になり、これまで2台の近接スイッチが必要だったアプリケーションを1台で対応できます。
さらに、パソコンの専用設定ツールにより、センサのチューニング状態の余裕度を可視化でき、短時間で安定した検出状態に調整することができます。
センサの取付けスペースが削減できるとともに、お客さまの調整時間の大幅短縮など設置調整作業の効率化も実現します。

アジャスタブル近接センサ 形 H3C-H

アジャスタブル近接センサ 形 H3C-H

■商品の詳細はこちら
アジャスタブル近接センサ 形 H3C-H

これからも当社はazbilグループの「人を中心としたオートメーション」の理念の下、持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献と持続的な成長を目指し、お客さまの「安心、快適、達成感」を実現する製品や新技術の開発により社会課題解決に貢献してまいります。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006