指静脈認証端末

指静脈認証端末

(株)日立産業制御ソリューションズ製

静脈認証は各種生体認証の中で実績が高く既に確立された認証方式と言えます。

日立産業制御ソリューションズ製・指静脈認証端末をご提供します。
弊社各種システムと組み合わせて利用可能です。

指静脈認証は、表面からは認識できない指の静脈パターンを使用するため、偽造が困難で安心な認証方式です。操作は、指を非接触センサーにかざすだけ。
日立独自の認証アルゴリズムにより、すばやく照合が完了します。

■ 高速・高精度
■ 紛失の心配がない
■ 貸し借り、改ざん、なりすましが難しい
■ 偽造が極めて困難
■ 履歴が取れ、管理が簡単
■ 非接触モード
■ 抗菌

指静脈認証 の紹介動画を見る

特長

■高速・高精度

・新型認証エンジン、認証アルゴリズムの改良により、「指静脈のみ」の認証速度が向上(*1)、逐次認証方式(*2)採用により認証精度を大幅に向上させました

(*1)従来機種:3,000指/約1秒
(*2)逐次認証とは、1人2指を登録しておき、1回目の認証で本人と確認できなかった場合に2本目の指で2回目の判定をすることで認証精度を大幅に向上させる認証方式です

■省スペース化を実現

・スリム化(横型から縦型へ)幅89mmを実現(壁面埋込の場合)
・設置位置の制約を受けにくい
・大人・子ども・車椅子の方などさまざまな利用者が共通に使える位置に設置でき、アクセシビリティを考慮しています

■オールインワン端末・操作性向上

・指静脈スキャナー、テンキー、ICカードリーダーを一体化したオールインワン端末により、2要素認証を含む多彩な認証方式をサポート(ICカードリーダーの無いモデルもラインナップ)
・3.5インチ カラー液晶タッチパネルの採用により、操作がしやすくなりました
・防塵防水規格に対応
・設置場所の意匠に合わせて外装の塗装が可能です

■抗菌、耐アルコール塗装

・認証操作時に指が触れる部分に抗菌、耐アルコール塗装(*3)
抗菌塗装により、菌の増殖を抑制し、アルコール消毒が可能なためウイルス対策の清掃が容易になります

(*3) JISZ2801 5.2:プラスチック製品などの試験方法に準拠、抗菌活性値2.0以上を採用
体温計、冷蔵庫の把手、スマートフォンなどに使われている塗装です

利用シーン

指静脈認証とは

指紋、瞳の虹彩、声紋など個人差のある身体の特徴を使って本人を確認することを「バイオメトリクス認証(生体認証)」と言います。静脈認証も生体認証のひとつで、身体を網のように走る静脈のパターンを使った認証方法です。静脈も指紋や虹彩と同じく非常に複雑で、同じパターンを持つ人間は双子の間にも存在しないといわれており、現在実用化されている技術の中でも誤認率が非常に低い技術です。

アズビルの入退室管理システム

savic-net™FX2 セキュリティ
中小規模入退室管理システム savic-ssEZ™
入退室管理システム IDSMART™-II 統合化入退管理システム

ページの先頭