savic-net™G5

よりオープンに、よりフレキシブルに

建物環境の進化の中で培われてきた確かな実績と
IoT、AI、ビッグデータなど先進技術を融合した
最新のビルディングオートメーションシステムです。

新世代のスタンダードモデル

接続メーカーを自由に選択できるフルオープンシステム

BACnet通信を採用したオープンシステムです。他社デバイスとの機能仕様差に依存しない代行機能を搭載しているため、様々なメーカーの設備や機器を組み合わせ、最適なシステムを構築できます。

使いやすいユーザインターフェース

監視画面は、直感的な操作で知りたい情報に素早くアクセスすることができます。

優れた省エネ・省CO2性能で持続可能な社会に貢献

長年にわたり培った技術と経験を活かした省エネルギー機能を搭載。建物の省エネ・省CO2を実現することで、持続可能な社会に貢献します。

自社開発・長期保証による安心と信頼性

開発から生産まで自社で行う高品質なBAシステムで、長期安定稼働や長期間の保守対応を実現します。

建物管理の最適化・建物の資産価値向上をサポート

統合制御で最適な管理を実現

統合コントローラが各種設備を統合し、連携制御することで建物全体の省エネルギーや安全性・利便性の向上を実現します。

管理業務の負荷を軽減する監視機能

確認を要する画面が自動的に表示され、トラブル発生時の対応がスムーズに。監視用のPCは汎用PCを利用でき、複数台設置することもできます。

快適性と省エネルギーを両立する自動制御

独自の環境制御技術によりコントローラが多彩なセンサを使ってアクチュエータを制御し、居住者の快適な温熱環境と建物の省エネルギーを実現します。

蓄積されたデータで管理品質を向上

チャートや日週月年報、警報・状態変化・操作情報の履歴を活用することで、管理品質の向上が図れます。クラウドサービスを利用すれば、さらに効率的な管理を実現できます。

建物の用途・規模に合わせた最適なシステムをご提供

オフィス・商業施設・テナントビル

快適で安心な建物環境を創造
居住者ニーズに合わせて機能の充実を図り、より快適かつ安心な建物環境を創造。テナント入居率を高め、収益性および建物価値の向上を可能にします。

製薬工場

GMP・GLP施設の環境を適切に管理・監視
医薬品製造・研究施設の各種ニーズに対応。環境モニタリングシステムとしての機能も持ち合わせています。

データセンター

重要設備をバックアップ。設備の継続的な安定稼働に貢献
建物の重要な設備系統をバックアップ。サーバルームの温熱環境も常に監視し、最適な状態に保ちます。

地域熱供給(DHC)

DHCの安定稼働と省エネルギーに貢献
オフィス街、ショッピング街、ホテル、住居棟など、施設ごとの異なる条件に対応し、安定稼働と省エネルギーを実現します。

*GMP(Good Manufacturing Practice):医療品等の製造管理および品質管理に関する基準
*GLP(Good Lavoratory Practice):優良試験所規範
*DHC:(District Heating and Cooling)

システム構成

システム内で使用する監視用PCについて

アプリケーション動作のWindows10 試験済みバージョンについては、こちら をご参照ください。

本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求

お電話でのお問い合わせ

コールセンター 0120-26-1023

営業日 9:30~12:00/13:00~17:00 (土曜、日曜、祝祭日、および年末年始、春季、夏季の弊社休業日を除く)