先進技術のご紹介 バイオメトリクス

バイオメトリクス

バイオメトリクス(Biometrics:生物計測学的認証)とは、指紋をはじめ、顔、手型、虹彩、網膜、血管などの生体的特徴や筆跡、音声などの行動的特徴を数値化し、登録されたデータと照合することで行う本人認証の手法です。

近年、セキュリティ侵害および商業詐欺行為がもたらす被害が高まるにつれて、バイオメトリクス技術は有効な本人認証技術として政府、団体、機関、企業、個人などに多く応用されてきています。企業ネットワードセキュリティインフラ、政府の日常事務管理、セキュア電子銀行、投資、販売、健康福祉、社会施設などのいろいろな分野にこの技術は大きな役割を果たしています。

バイオメトリクス認証技術は認証デバイス技術と認証ソフトウェア技術の応用で構成されています。

実績豊富な最先端の指紋照合技術を採用。
登録者の指紋だけを認識する確かな信頼性。

業務ビル・研究所・電算センター・大学・製薬会社など、ハイセキュリティ業務用途で、多数実績のある独自の照合アルゴリズム「POC(位相限定相関法)」を採用。最高水準の認識率を実現しています。

照合時間 本人拒否率 他人受入率
0.1秒 0.1%以下 0.001%以下
  • 本人認識率99.9%以上。
  • お子様からお年寄りまで、幅広くお使いいただけます。
  • ごみ・汚れに強い光学式センサーを採用。
    ・指紋照合部が汚れても、軽く拭くだけでOK。
  • かすれやずれなどにも強く高い実用性があります。

指紋照合


抜群の照合性の秘密・・・それが独自に開発した、
高度な照合技術「POC(Phase Only Correlation)」です。

POC (Phase Only Correlation)

POCは、東北大学とアズビル株式会社の共同研究により開発された世界初の画像処理技術です。

この技術では、登録画像と照合する画像の類似性(相関)を算出するため、デジタル信号化された画像を数学的に処理し、振幅(濃淡データ)と位相(像の輪郭データ)に分解します。

このうち形状情報が含まれない振幅情報は使わず、位相情報のみを用いて瞬時に画像処理を行います。POCは、振幅情報を用いた従来の2次元相関法や特徴抽出法と異なり、外乱に強く、大きな誤りがないという特徴があります。


下の図は全く同じ画像での演算結果(相関画像)を3D表現したものです。
●ピークの高低=類似度 ●ピークの高低=類似度

正規化相関

正規化相関

正規化相関は振幅(濃淡情報)を含んで演算しているため、ピーク以外にも類似度が発生し、計測結果にバラツキが生じます。

POC(位相限定相関)

POC(位相限定相関)

POCは位相(輪郭情報)だけで演算するので、ピークの位置のバラツキは極めて小さく、高精度に位置ずれを計測できます。



製品ラインナップ

指紋照合式出入管理装置 IDSMART™


関連リンク