環境配慮製品の開発

環境に配慮した製品・サービスの開発を目的に、1997年「環境負荷低減のための製品開発指針」を制定しました。新製品開発だけでなく従来製品に機種拡張においても、ライフサイクルにわたる環境配慮製品・サービスづくりを積極的に進めています。

環境配慮製品開発の流れ

環境配慮製品開発の流れの図

<環境配慮製品開発の流れ>

開発企画・設計の初期段階から資材調達、生産、物流、販売、使用、廃棄に至る、製品・サービスのライフサイクル全般にわたって、環境取組み施策に即した環境配慮設計を推進しています。

すべての新製品の開発段階において、8つの環境カテゴリー別に評価を行う環境設計アセスメント※1を実施するとともに、ライフサイクル全体での総合的な評価を行うライフサイクルアセスメントも実施しています。評価結果が社内基準に達したものは、環境配慮製品として「azbilグループ環境ラベル※2」を取得することができます。特に評価結果の優れた製品は「azbilグループ環境配慮設計表彰」にて表彰しています。

※1 8つの環境カテゴリー別に、改善度に応じた独自の4段階採点法による従来同等 製品との相対的な評価。
※2 自己宣言型のタイプⅡ環境ラベル表示。

環境配慮設計の取組み方向性

製品・サービスのライフサイクル全般にわたる環境負荷を削減するため、azbilグループ全体で、環境配慮設計に取り組んでいます。