HOME > CSRの取組み > CSR経営 > azbilグループのCSR経営

azbilグループのCSR経営

azbilグループのCSR経営~持続可能な社会へ「直列」に繋がる価値創造を支える基盤

グループ理念「人を中心としたオートメーション」を事業活動の基盤として、社会の持続的発展に貢献するCSR経営を実践しています。人を重視した、経済・環境・社会への積極的な貢献によりSDGs(持続可能な開発目標)への取組みをはじめ、社会との価値共有に努めていきます。

CSR経営の考え方

azbilグループでは、企業がステークホルダーや社会に対して果たすべき責任(CSR)を幅広く捉え、CSR経営として2つの視点からグループを挙げて取り組んでいます。

1つ目は、azbilグループが社会の一員として果たさなければならない基本的責務である「基本的CSR」と呼んでいるもので、コンプライアンスの徹底や、防災、情報セキュリティ、品質・製造物責任、会計などの分野におけるリスク管理と対策、内部統制の強化、職場環境の改善やそこで働く人の安全・安心の追求などです。azbilグループでは、社会の信頼を勝ち得るのに近道はないとの考えで、コーポレート・ガバナンスの一層の強化と併せ、公正で誠実な経営を目指します。

2つ目は、「積極的CSR」と呼び、本業を通じた社会的課題の解決に貢献することや、会社の文化・風土として根付くような社員参加型の自主的な社会貢献活動です。azbilグループでは、こうしたグループ理念に基づく経営を推進することにより、持続可能な社会の発展に積極的に貢献していきます。社会に存立する上で果たさなければならない基本的責務の遂行を「基本的CSR」、本業を通じた社会への価値提供や自主的な社会貢献を「積極的CSR」として、これら両輪を回したバランスのとれたCSR経営を推進しています。

基本的CSR

社会に存立する上で果たさなければならない基本的責務の遂行

高いコンプライアンス風土の構築
詳細は「コンプライアンス」をご覧下さい。
リスク管理の行き届いた経営
詳細は「リスクマネジメント」をご覧下さい。
内部統制の推進
詳細は「内部統制」をご覧下さい。
グループ自らの地球環境への取組み
詳細は「環境への取組み」をご覧下さい。
人を重視した経営
詳細は「社員とのかかわり」をご覧下さい。

積極的CSR

本業を通じた社会への価値提供や自主的な社会貢献

本業を通じた社会貢献
地球環境への貢献を含めた積極的、革新的な事業活動による価値提供や、製品・サービス・ソリューションの提供を通じたお客様の現場におけるCO2削減など。
詳細は「4つの提供価値」をご覧下さい。
自主的な社会貢献
社員参加型の自主的な社会貢献活動を積極的に支援、推進しています。
詳細は「自主的社会貢献」「azbil みつばち倶楽部」「湘南国際マラソン」をご覧下さい。

推進体制

azbilグループでは、azbilグループ全体のCSR活動を推進するため、アズビル株式会社のCSR担当役員を総責任者に、グループ各社のCSR担当役員をメンバーとして「azbilグループCSR推進会議」を設け、グループ全体の活動計画の策定、進捗管理を行うとともに、子会社に対する指導を行っています。アズビル株式会社の取締役会の承認を得て、計画の策定とその実行、結果の評価・分析、経営報告というPDCAサイクルで不断の向上に取り組んでいます。CSR推進会議は、SDGs 推進会議とも連携を取り、azbilのSDGs目標達成も含めた、持続可能な社会へ「直列」する企業活動に取り組んでいます。