HOME > 納入事例 > 横山忠様邸/住友林業株式会社

横山忠様邸/住友林業株式会社

自宅新築時に念願の全館空調を導入
こだわりの居住空間を快適性の面で支える

愛知県名古屋市中村区にお住まいの横山忠・ひとみご夫妻は2009年に自宅を新築しました。理想の住まいを追求する中で、アズビルの全館空調システム「きくばり」を採用しました。その結果、こだわりの居住空間を支える快適性を実現。家族の潤いある日々の暮らしに大きく貢献しています。

住宅分野 住宅 快適 住環境 全館空調システム

導入製品・サービス

老朽化した住居の建替えを決断。全館空調の導入を条件に掲げる

全館空調システムの冷暖房を制御するリモートコントローラ。2階のキッチンスペース脇に設置されている。

全館空調システムの冷暖房を制御するリモートコントローラ。2階のキッチンスペース脇に設置されている。

名古屋市中村区は、名古屋駅の西口一帯と、再開発が進む東口の一部地域を有する区域です。東口側には数多くの企業や金融機関が集まり、デパートや地下街を中心に終日大きなにぎわいを見せています。一方、西口側にある中村公園一帯は戦国の英傑ゆかりの土地としても名高く、豊臣秀吉を祀(まつ)った豊国神社や加藤清正誕生の地として伝えられる妙行寺などの史跡も多く残されています。

そんな中村区の一角に2009年2月に竣工したのが横山忠・ひとみご夫妻のお宅です。ご主人の忠さんは自宅近くに歯科医院を開業しており、ご夫妻と高校1年生の長男、中学2年生の長女、小学5年生の次女の5人で暮らしています。

「もともとは、現在の自宅がある敷地内に立っていた祖父母の時代からの実家に住んでいました。この実家は別の場所から移築したもので、既に築70~80年たっており、老朽化が進んでいました」(忠さん)

「建物自体が古い日本家屋だったことから気密性も低く、特に冬場は隙間風で、家の中に居てもとても寒い状況でした」(ひとみさん)

そこで横山ご夫妻は、家の新築を決断。以前からお二人は、乗用車2台分のビルトインガレージや広めの自転車置き場、キッチンやリビングを2階に置くこと、子供がビニールプールで遊べるようにベランダの面積を大きくしたいなど、新しい家で実現したいことがいくつかありました。その中でも、ご夫妻にとって重要だったのが全館空調の導入です。

「姉の家にはアズビル株式会社の全館空調が入っています。廊下や脱衣所も含めて、家のどこに居ても暑さや寒さを感じることがなく、遊びに行くたびに魅力を感じていました。加えて海外でもその快適さを体感していたこともあり、家を建てるなら絶対に全館空調を導入したいと強く思っていました」(ひとみさん)

こだわりの住居にふさわしい全館空調システムを採用

横山ご夫妻は近くの住宅展示場を巡って、住宅メーカー数社と相談を重ねました。その結果、理想の住まいを実現してくれるメーカーとして住友林業株式会社を選びました。同社には建築デザイン室があり、より高度な設計力を備えたトップクリエーターがそろっています。ご夫妻にとっては、“顔の見える”設計者と一緒に希望の住まいをつくり上げていけるという点が、住宅メーカー選定の決め手となりました。

住友林業では、各地にある既存物件のイメージなども示しながら、ご夫妻の要望の一つひとつを満たす設計案を提示。全館空調の導入を希望していた横山ご夫妻にアズビルの提供する全館空調システム「きくばり」※1を提案しました。

「他社にも全館空調はありますが、住友林業では、施工のしやすさや、メンテナンス性、経済性など、様々な観点からきくばりを最適な製品だと評価しています。そのため、私は約8割のお客さまにきくばりをご提案しています。横山様邸も全館空調導入を前提としたドアや間仕切りが少なく、レイアウトの自由度の高い設計内容でご提案しました」(松原氏)

2階踊り場の天井に設置された電子式エアクリーナ。屋内を回った空気が空気清浄機である電子式エアクリーナを経て空調機に戻る。これを1時間に最大で3~5回繰り返す。

2階踊り場の天井に設置された電子式エアクリーナ。屋内を回った空気が空気清浄機である電子式エアクリーナを経て空調機に戻る。これを1時間に最大で3~5回繰り返す。

ビルトインガレージや屋内の自転車置き場につながった玄関。玄関内部にも吹出し口が設置されており、外から帰ってきたらすぐに快適な空間が待っている。

ビルトインガレージや屋内の自転車置き場につながった玄関。玄関内部にも吹出し口が設置されており、外から帰ってきたらすぐに快適な空間が待っている。

※きくばりは、アズビル株式会社の商標です。

ホテルのような快適性が、家族の暮らしに潤いをもたらす

屋外の裏庭に設置された室外機。家屋全体の冷暖房を担う能力を備える。

屋外の裏庭に設置された室外機。家屋全体の冷暖房を担う能力を備える。

自分たちの理想とする住まいを完成させた横山ご夫妻。きくばりの導入による居住空間の快適性に、お二人は満足しているといいます。

「以前の家では、冬の寒い朝になかなか起きられなかった子供たちが、すんなりベッドから出てくるようになりました。私自身も毎朝5時に起床して、部活の早朝練習に出る息子のお弁当づくりをしていますが、寒くて起きるのに苦労するといったことがなく、気持ちのいい1日のスタートを切ることができています。真夏と冬が特に快適で、夏場はキッチンで料理するのが暑くて苦痛でしたが、そういうことも全く気にならなくなりました」(ひとみさん)

「1年を通して、ホテル暮らしをしているように快適です。機器についても定期点検サービスで、年に1度、専門のサービス員が訪問してくれますので、日々の利用にも大きな安心感があります」(忠さん)

ご夫妻のご両親やご友人など、横山様邸を訪れた人たちはそろって、全館空調の快適さを実感されるそうです。

「友人が遊びに来たときに、玄関を入ってすぐに快適なことに驚き『これは何?』とよく聞かれます。全館空調を知らない人も多く、我が家でその快適さを体感して、実際に自分の家に全館空調を導入した友人もいました。知っていたら導入したのにという人もいます」(ひとみさん)

「当社できくばりを導入された数多くのお客さまには、非常にご満足をいただいており、特に高齢者のいらっしゃる世帯では、ヒートショックなどの心配も少なくなるという声もいただいています」(大橋氏)

「全館空調は、初期導入時や定期点検などに相応の費用が発生しますが、コストには代えられない快適性、生活の潤いが得られます。この快適さを買えるならそのコストも安いと思うくらいです」(忠さん)

横山様邸にとって、なくてはならない存在になっているきくばり。今後もご家族の快適な暮らしを支えていきます。

※エアドリームは、住友林業株式会社の商標です。

用語解説

※1 全館空調システム きくばり

1台のシステムで、冷房・暖房・換気・空気清浄・除湿の五つの働きをする戸建住宅用全館空調システム。24時間・365日、家全体を快適な空気に保つ。住友林業では商品名「エアドリーム」として販売している。

 

お客さま紹介

横山 忠 さん
横山 忠 さん
横山 ひとみ さん
横山 ひとみ さん
住友林業株式会社<br>住宅事業本部<br />建築デザイン室<br />デザイナー<br />松原 達宏 氏
住友林業株式会社
住宅事業本部
建築デザイン室
デザイナー
松原 達宏 氏
住友林業株式会社<br>住宅事業本部<br />名古屋中央支店<br />営業グループ<br />統括店長<br />大橋 巧 氏
住友林業株式会社
住宅事業本部
名古屋中央支店
営業グループ
統括店長
大橋 巧 氏

横山忠様邸/住友林業株式会社

横山忠様邸

  • 愛知県名古屋市中村区に2009年2月竣工。延床面積 184.8m²、2階建て。

住友林業株式会社

  • 所在地/東京都千代田区大手町1-3-2
  • 設立/1948年2月
  • 事業内容/木材・建材事業、および住宅関連事業、資源環境事業など

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.5(2017年10月発行)に掲載されたものです。