HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 松井明様邸/住友林業株式会社

松井明様邸/住友林業株式会社

リタイア後の夫婦二人暮らしのために、全館空調で温度のバリアフリーを実現

東京都小平市にお住まいの松井明・佐江子ご夫妻は、リタイア後の二人の生活を考え、2014年に自宅を建て替えました。新しい住まいのコンセプトを、バリアフリーとゆとりある空間とし、快適性を求め、アズビルの全館空調システム「きくばり」を採用しました。その結果、年間を通して体に負担のない快適な住まいを実現でき、新しい家での生活に大変満足されています。

3世代同居住宅を夫婦二人暮らしの家に

東京都多摩地域北部に位置する小平市。人口約19万人を擁する同市は、もともとは多摩川の水を江戸へと運ぶ玉川上水の開削をきっかけに、江戸の近郊農村として開発が進んだ地域です。大正末期以降は学園都市を目指した街づくりが行われ、現在は市内に津田塾大学、一橋大学など六つの大学がある自然豊かな都市です。

そうした小平市の南部の住宅地に、2014年春に竣工したのが、松井明・佐江子ご夫妻のお宅です。ご主人の明さんは、長年にわたって食品会社に勤務した後、1992年に人材派遣会社を設立し、経営者として手腕を振るいました。その後、2015年に会社を事業譲渡し、仕事をリタイア。現在は、月に5、6回、趣味であるゴルフに出かける一方で、明さんを支えてきた妻の佐江子さんとともに、海外旅行や国内の温泉地めぐりをするなど、暮らしを満喫されています。

「今の敷地には、もともと私が幼少の時代から育ってきた家があり、それを1990年に建て替えました。当時は母が存命で、私たち夫婦、そして中学生と小学生の娘二人の3世代が同居することを念頭に設計した家でした。それから20年以上が経ち、母が他界し、娘たちが結婚して夫婦二人きりとなったことから、老後の生活を見据えて、再び家を建て替えることにしました」(明さん) 

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.5(2018年10月発行)に掲載されたものです。