HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 株式会社ホームズアソシエ

株式会社ホームズアソシエ

心地よさと耐久性の追求がテーマ。
快適で安全な住まいの提案にマッチした「きくばり™」の導入

オーナーのこだわりを反映した快適な居住性を保つ家造り

東海道五十三次の時代から新幹線の現代まで、東京と関西の文化経済を結ぶ要衝である静岡県。株式会社ホームズアソシエは、静岡市を拠点に北米型ツーバイシックス工法による輸入住宅をベースにした高級注文住宅の輸入、設計、施工、販売を行っている住宅メーカーです。

「当社では心地よさと耐久性の両立をテーマに、お客さまのさまざまなこだわりを住まいに反映させています。光や水、空気、温度や湿度、色彩といった住環境を取り巻く要素は居住空間の快適性と密接に関係するので、自然に近い高品質な建築素材を採り入れた快適で安全性にすぐれた住宅づくりを提案しています」(ホームズアソシエ・代表取締役・藤原力さん)

同市の中心部、JR静岡駅にほど近いロケーションに建つ溝口邸は1998年(平成10年)に完成しました。清潔感あふれる白壁、オーニング(布庇)のついた出窓、レンガを配したエントランスなどその外観は流行のカフェさながら。二階建て、延床面積122.54m²の室内にはむくの木材をふんだんに用いた明るく開放的な空間が広がっています。

「自分でも思わず入りたくなってしまうお店のような、洗練された雰囲気をイメージしていました」(オーナー・溝口静子さん)

小さい頃からアレルギー体質だったという溝口さんは、ツーバイシックス住宅ならではの気密性・断熱性の高さをフルに活かしたセントラル空調の導入を検討。各社製品を比較し、山武の藤沢工場内にあるモデルハウスで「きくばり」を体感したうえでその導入を決めました。

「春は花粉症で長期間咳込むことがあり、排気ガスを感じるとアレルギーが出てしまうので窓すら開けられない生活でした。冷暖房完備で微細な粉塵まで除去できる全館空調は『きくばり』以外に見当たらなかったので、その性能を自分自身で確かめてみて即決したのです。『きくばり』の特長は、快適さだけではありませんでした。電子式エアクリーナを標準装備しているので集塵効果がきわめて高く、細かいホコリもほとんど吸い取ってくれます。また普通のエアコンと違って0.5℃刻みというきめ細かい温度調節が可能で、その微調整で室内環境の変化が実感できるのも『きくばり』ならではのすごさだと驚きました」(溝口さん)

実は溝口さんはホームズアソシエ社の社員でもあり、「一年中いつでも迅速にお客さまからのお問い合わせやアフターフォローに対応できる拠点」として、あるときはモデルルームに、またあるときは事務所としてこの溝口邸を機能させているといいます。

ホームズアソシエの事務所兼居間

ホームズアソシエの事務所兼居間

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事は「Savemation(セーブメーション)」(現:azbilグループPR誌「azbil」)の2002年01月号に掲載されたものです。