HOME > 納入事例 > 中野敦史様邸/住友林業株式会社

中野敦史様邸/住友林業株式会社

“想い”を採り入れた新居を建築
全館空調の快適性が家族の暮らしを彩る

愛知県名古屋市西区にお住まいの中野敦史・恵美ご夫妻は、2017年6月に自宅を新築。自分たちのこだわりを追求し、希望にかなう新居を実現したお二人は、アズビルの全館空調システム「きくばり」を導入。スタイリッシュな意匠と一年を通じた最適な温度環境、きれいな空気が、家族の日々の暮らしを支えています。

住宅分野 住宅 快適 住環境 全館空調システム

導入製品・サービス

「多くの友人が集まるお家」。自分たちの希望をかなえる家の新築を決断

愛知県名古屋市の北西部に位置する西区。名古屋中心部ヘのアクセスが充実しており、区内には庄内緑地などの多くの公園や緑地が点在し、住みやすいエリアとして発展しています。

そんな緑豊かな住宅地に2017年6月に竣工(しゅんこう)したのが、中野敦史さん・恵美さん・陽太さんご家族のお宅です。名古屋市内で広告・イベント関係の企画・制作を行う会社を経営する敦史さん、主婦業の傍ら敦史さんの仕事の手伝いもこなす恵美さん、そして中学1年生の陽太さんの3人が暮らしています。ご夫妻は1998年4月に結婚し、恵美さんのご両親との2世帯住宅に入居、2007年には陽太さんが誕生しました。

「前の家には特に不便を感じていなかったのですが、息子が大きくなるにつれ、友人家族や息子の友達にも遊びに来てもらえるような家を建てたいと思うようになりました。家を建てるというのは人生においても最大のイベントです。家を建てるのであれば、自分たちの“想い”をしっかりと採り入れたものにしたいと考えました」(敦史さん)

部屋ごとのエアコンの設置が不要。意匠面でのこだわりにも応える

屋外に設置された室外機。室外機は小型の2台だけなので、近隣への配慮にも適しており、外観もすっきりした印象に。

屋外に設置された室外機。室外機は小型の2台だけなので、近隣への配慮にも適しており、外観もすっきりした印象に。

ご夫妻が新居の建築を決めたのは2015年のこと。複数の住宅メーカーを検討した結果、住友林業株式会社を選びました。同社には建築デザイナー、インテリアコーディネーターといった精鋭のクリエーターで構成される建築デザイン室が置かれています。ご夫妻の住まいに対する“想い”をしっかりと受け止め、かたちにするには、まさに最適な住宅メーカーでした。

「仕事柄、デザインにはこだわりが強く、家を建てるときも、それを実現できるハウスメーカーにしたいという希望がありました」(敦史さん)

「住友林業との打合せを繰り返す中で、素材、意匠、耐震へのこだわりはもちろん、家電や家具など住まい全般の豊富な知識を基に、私たちのニーズ、好み、そしてライフスタイルや将来像を細かく理解した上で、住宅の設計だけではなく、家全体のトータルコーディネートの観点から数多くの魅力的な提案をしてくれました。そうした提案の一つとして含まれていたのが、アズビル株式会社の全館空調システム 『きくばり™』※1でした」(敦史さん)

「当初、各部屋の壁に設置されるエアコンをデザインでどのように隠すかという打合せをしていましたが、どういうふうに生活するかという話の中で、特に暑さ、寒さを苦手としている主人に対して全館空調の提案がありました。住友林業からはホテルにいるような快適な温度と説明を受け、実際に『きくばり』を導入されているお宅にお邪魔して、その快適性を、身をもって実感しました。電気代などの運用コストについてもお聞きすることができ、室内の意匠、快適性に納得し、迷うことなく導入を決めました」(恵美さん)

「中野様からは、リビング階段(1階リビングに吹抜けを施し、そこに階段を設けるような構造)にしたいというご要望を頂戴していました。そうしたオープンなスペースには全館空調が必須です。また、各部屋にエアコンを設置する必要がなく、室外機も2台のみと、内観・外観の意匠に強いこだわりをお持ちのご主人の“想い”にも沿うものだということもあり、自信を持って提案させていただきました」(大橋氏)

※きくばりは、アズビル株式会社の商標です。

室内温度の快適性だけではなく、空気の清浄さも訪問者から好評

理想の住まいを実現した中野様ご夫妻。2年半以上を新居で過ごす中で、「きくばり」が実現する居住空間の快適性に大きな満足が得られているといいます。

「今では『きくばり』のおかげで快適に過ごせるため、家で料理したり、お友達に来てもらう回数も増え、一日中、家で過ごすことが多くなりました。また、息子が所属している県外の水球クラブチームの練習のために、週末は冬場も朝5時に起きてお弁当を用意しています。前の家では、朝起きて、ヒーターの前でしばらく温まってからでないと動けなかったのが、全館空調のおかげで、すんなりと起きられるようになりましたし、キッチンも寒くなく、お弁当づくりも楽です」(恵美さん)

「以前はエアコンの風に当たるのが好きだったのですが、全館空調にしてからはそんなことは忘れてしまいました」(敦史さん)

新居に移ってからは、ご夫妻の友人家族や息子さんの友達、そのご家族などがたびたび訪れ、室内温度の快適性はもちろん、「空気がきれい」と言われることが多いそうです。

「窓をあまり開ける必要がなく、ホコリもたまりにくいので、急な来客でも慌てることがありませんね。大掃除もしていません。この間も定期点検でアズビルの方に来てもらい、電子式エアクリーナなどの掃除も丁寧に対応していただきました。各部屋のエアコンのお手入れや、石油ファンヒーターへの給油などの手間を考えると、電気代も決して高くないと思います。住友林業で検討中の方が見学にいらっしゃることもあるのですが、全館空調を必ず勧めています」(敦史さん)

「全館空調を採用されたお施主さまのお家は、何年経ってもお友達がいらしていることが多いです。快適な上、皆さんお家をきれいにされていらっしゃいます」(大橋氏)

導入にあたっては、ダクト経路や吹出し口の設置位置などの設計、空調効率を上げることへの構造上の配慮など、住友林業の設計者とアズビルの技術担当者が、綿密に打合せを行い進めていきました。

「家の中をかなりの空気量が循環していますが、風が当たる感覚がありません。全館空調は住宅設計に欠かせないアイテムとなっています」(丸井氏)

今後も健康に留意しながら、息子さんの成長を見守っていきたいという中野様ご夫妻。「きくばり」による居住空間と快適性が、そうした中野様ご一家の日々の暮らしを支えていきます。

リビングやキッチンなど各所に配置された温風、冷風の吹出し口。空調の効果を最大化するため、室内の気流を考慮して取付け位置を設計している。

リビングやキッチンなど各所に配置された温風、冷風の吹出し口。空調の効果を最大化するため、室内の気流を考慮して取付け位置を設計している。

2階に設置された「きくばり」の冷暖房を制御するリモートコントローラ。

2階に設置された「きくばり」の冷暖房を制御するリモートコントローラ。

全館空調システムの本体となる室内機の前面に取り付けられている電子式エアクリーナのフィルタ。2週間に1回程度、フィルタ表面のホコリを掃除機で取り除くだけと、日常のお手入れも簡単。

全館空調システムの本体となる室内機の前面に取り付けられている電子式エアクリーナのフィルタ。2週間に1回程度、フィルタ表面のホコリを掃除機で取り除くだけと、日常のお手入れも簡単。

用語解説

※1 全館空調システム「きくばり」

たった1台の空調システムで、冷房・暖房・換気・空気清浄・除湿の五つの働きをする家庭用空調システム。24時間365日、家全体を快適な空気に保つ。住友林業ではオリジナル仕様を追加し「エアドリーム ハイブリッド」の名称で販売している。

 

お客さま紹介

中野 敦史 さん
中野 敦史 さん
中野 恵美 さん
中野 恵美 さん
中野 陽太 さん
中野 陽太 さん
住友林業株式会社 住宅・建築事業本部 名古屋中央支店 営業グループ マネージャー 大橋 巧 氏
住友林業株式会社
住宅・建築事業本部
名古屋中央支店
営業グループ
マネージャー
大橋 巧 氏
住友林業株式会社 住宅・建築事業本部 建築デザイン室 マネージャー 丸井 章裕 氏
住友林業株式会社
住宅・建築事業本部
建築デザイン室
マネージャー
丸井 章裕 氏

中野敦史様邸/住友林業株式会社

中野敦史様邸

  • 愛知県名古屋市西区に2017年6月に竣工。延床面積約143.77m² 。2階建て。

住友林業株式会社

  • 所在地/東京都千代田区大手町1-3-2
  • 設立/1948年2月
  • 事業内容/木材・建材事業、および住宅関連事業、海外事業、資源環境事業など

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2020 Vol.2(2020年04月発行)に掲載されたものです。