HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 長谷川建築設計室  アームストロングジャパン日本事務所

長谷川建築設計室  アームストロングジャパン日本事務所

豊かな自然環境に建つ家だからこそ発揮されるセントラル空調システムの力

健康に暮らせる家造りを求めて自然環境豊かな土地に輸入住宅を建設

「私たちの家造りは、自然環境豊かな土地で、子供たちをのびのび育てられることを基本にしてきました。健康的な環境を守れる家造りには何が必要なのかを考えているときにめぐり合ったのが、友人の建てた輸入住宅でした」(木原邸オーナー・木原博氏)

「3人の子供のうちひとりがかなりひどい喘息をもっておりましたので、なんとか子供が苦しまないで暮らせる家造りはできないものかと考えていたのです」(木原邸オーナー夫人・木原栄子氏)

友人が建てた輸入住宅は、瀟洒なデザインにあふれて快適で美しい住宅であったといいます。そこでご夫妻は、緑のたくさん残った兵庫県朝来町に建てる新居について、友人宅の家の設計者である長谷川建築設計室の長谷川泰久氏に相談しました。そして、自分たちが求める住宅に対する考え方を提示し、長谷川氏の設計プランを基とする、米国・アームストロング社のアームシステムを用いた木原邸が、2002年(平成14年)6月に竣工しました。

傍らを流れるせせらぎには季節によって蛍が乱舞するという自然の中に建てられた木原邸は、広々とした窓スペースをもつ、明るく見晴らしのよい住宅です。玄関脇には大きな素通しガラスの窓が配置されており、すぐ傍らのせせらぎやそれに迫る小山の緑が、まるで額縁に切り取った自然の絵画のように見えます。またバルコニーとの自由な出入りができるようにと設計された広いガラス戸により、戸外と家の中のリビングが一体となったライフスタイルの演出にも、アウトドアを趣味とする木原さんご一家の意向を反映した家造りの姿が見受けられます。

琉球畳のある広々としたリビングルーム

琉球畳のある広々としたリビングルーム

この記事は「Savemation(セーブメーション)」(現:azbilグループPR誌「azbil」)の2003年01月号に掲載されたものです。