第一環境株式会社

検針員による水道メーター検針が困難な離島で
最新の無線通信技術を利用した自動検針を実用化

水道料金徴収業務で40年以上の実績を持つ第一環境は、兵庫県姫路市の南西沖合にある家島諸島の西島を対象とした水道メーターの検針業務を担当することになりました。離島であるがゆえに、従来の検針員による目視の検針では労力や時間といった負荷が非常に大きい状況でした。そこで同社では、低消費電力・長距離の通信を実現する無線通信技術を活用した自動検針の仕組みを構築。現地に出向くことなく検針業務を行える体制を整えました。

離島での検針業務に要する多大な労力とコストが課題に

「水道サービスを未来につなぐ」を合言葉に、1975年の会社設立以来一貫して、生活に欠かせない水道関連の業務を手がけ、人々の暮らしに貢献している第一環境株式会社。提供するサービスは、メーター検針や料金収納、問い合わせ対応などの料金徴収業務から、量水器入出庫管理、給水台帳管理、料金徴収といった各種システムの開発・運用、給水装置管理、さらには水道施設についての運転監視や日常の巡視点検まで幅広い領域に及んでおり、同社の顧客は現在、全国124事業体、130事業所を数えます。

同社が水道の検針業務を請け負っている姫路市は、2006年の“平成の大合併”の際に、同市の南西沖合にある家島諸島を編入。諸島内の西島が、2017年4月から第一環境が担当する検針業務の管轄に組み込まれることになりました。

「西島に検針作業に行く場合、姫路港から船の定期便で家島諸島の坊勢島に渡り、そこからさらに船をチャーターして渡ります。また、島内の道が整備されていないため、島内各所に点在する各戸の近くの岸壁に船を着けながら移動して、検針員が目視で水道使用量の検針を行わなければなりません。さらに、島への上陸は潮の干満や天候にも左右されるなど、検針業務を行うこと自体が厳しい環境でした」(菊地氏)

「西島の検針現場には、危険を伴う箇所も散在しています。検針業務を専門に行う検針員の雇用が困難なため、姫路営業所の社員2人が西島に向かい、ほぼ1日をかけ検針作業を行っていました。さらに船はチャーターしなければならず、コストも大きな課題となっていました」(道又氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.6(2018年12月発行)に掲載されたものです。