HOME > 納入事例 > 工業分野 > 四国化成工業株式会社 丸亀工場

四国化成工業株式会社 丸亀工場

最適なオペレーション空間のデザインを追求
気づきを促し、プラントの安全操業を目指す

四国化成工業 丸亀工場では、主力製品である不溶性硫黄の増産に向け、プラントを増設。これに伴い、既設プラントの監視システムを含めてオペレーション環境を再構築し、限られたスペースの中でオペレータの動線や操作性を最大限考慮した計器室デザインを採用しました。同時に、若手オペレータの経験を補うことを目的に、重大事故防止に向けた気づきを高めるシステムや引継ぎ業務を効率化するツールを導入し、「より安全なプラント」を実現しています。

増産体制に伴い新規スタッフを増員。安全操業にかかわる懸念が拡大

「独創力」を企業理念に、化学品と建材という二つの事業を展開する四国化成工業株式会社。化学品事業では、ラジアルタイヤ向けの不溶性硫黄をはじめ、プリント配線板用の水溶性防錆剤(ぼうせいざい)、プール・浄化槽の殺菌・消毒用シアヌル酸誘導品などの生産を主軸に事業を展開しています。一方、建材事業では壁材・舗装材、アコーディオン門扉やテラスなどの住宅・景観エクステリア商品などを市場に提供しています。

同社丸亀工場は、不溶性硫黄および水溶性防錆剤の生産拠点です。特にラジアルタイヤの製造に欠かせない不溶性硫黄については、新興国におけるモータリゼーションが急速に進む中で、年々市場規模が拡大。同工場への増産要請もますます高まっています。そこで、不溶性硫黄の生産を賄ってきたA系、C系という二つのプラントに加え、5年前にD系を追加。さらにE系の新設を決め、計4系統体制で運用することになりました。

「そこで切実な課題として浮上してきたのが、プラントの安全操業をいかに維持するかということでした。D系の新設時に、操業に当たるオペレータを10人程度増員。今回のE系の立ち上げ時にも、同規模の人員を増強します。しかし、新しく着任した人員のほとんどは経験の浅い若手です。ヒューマンエラーなども懸念され、大きな事故につながるリスクを考慮する必要がありました」(関氏) 。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.5(2017年10月発行)に掲載されたものです。