伊丹産業株式会社

LPガス集中監視システムの構築により保安強化と
業務合理化を実現

最新の充填(じゅうてん)システムや、太陽光の設備を有する京都工場。

近畿一円を中心に北陸、信州、四国、中国の各エリアにLPガスを供給する伊丹産業。同社では、顧客宅に設置されるガスボンベの配送時期や検針情報、ガス漏れ警報などを集中監視するためのシステムを構築しました。顧客に対するガス供給や保安面にかかわる安心を提供する一方、自社の配送業務や検針業務の大幅な合理化を実現しています。

安定した生活エネルギーの供給を目指しシステム構築に着手

1948年の創業以来、生活に密着した商材の取扱いにより、地域社会や人々の暮らしに貢献してきた伊丹産業株式会社。現在は、LPガス・都市ガスなどを供給するガス事業に加え、石油事業、米穀事業、さらには携帯電話を扱うモバイル事業の各分野でビジネスを展開しています。

多様な事業を展開する中でも、主力事業となっているのが売上の30%以上を占めるLPガス事業です。LPガスは家庭で利用されるほか、公共施設やホテル、飲食店をはじめとする業務用や工業用など、幅広く利用されています。

「LPガスの配送は、担当者の経験則に頼っている状況でした。お客さまの消費傾向を捉え、ガス切れする前にお届けしていましたが、予想外の消費があればガス切れしてしまう事態への懸念もありました。配送担当者は常に大きなプレッシャーを感じていました」(寺田氏)

そこで、顧客宅に設置されたガスボンベの状況を監視し、ガスの残量が一定量になったら通知することで、ガス切れを未然に防止する仕組みができないかと思案。当時、取引のあったガス機器メーカー各社に相談した中で、唯一、開発にチャレンジする意向を表明したのがアズビル金門株式会社でした。

アズビル金門は、電話回線を通じてガスの残量を警報通知する方法を構想し、通信技術に精通していた株式会社日立製作所をパートナーに迎え、3社による協業体制を整えてシステム開発に着手しました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.3(2015年06月発行)に掲載されたものです。