HOME > 納入事例 > 工業分野 > 三菱ケミカル株式会社 水島事業所

三菱ケミカル株式会社 水島事業所

安全計装に基づいた地震対策システムを整備
プラントの緊急停止にかかわる高信頼性を追求

三菱ケミカル 水島事業所では、大規模な地震が発生した際に事業所内への緊急時放送や客先へのパイプラインの遮断を行う地震対策の仕組みをリニューアルしました。インテリジェント地震センサと安全計装コントローラを組み合わせた自己診断機能を備えたシステムを導入することで、有事の際は適切にプラントを停止することができるなどの信頼性が大幅に向上。より高い次元での、さらなる安全の取組みを推進しています。

大規模地震発生のリスクに備えたプラントの確実な緊急停止が課題

2017年4月に、三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンの統合により設立された三菱ケミカル株式会社。「KAITEKI実現」というビジョンの下、人や社会、地球が直面する課題を技術力で解決することを通じて、世界の持続的な発展に貢献することを使命としています。

水島事業所は、プラスチック製品や高機能化学製品、情報電子材料などを生産する、三菱ケミカルの石油化学領域における主力工場です。水島石油化学コンビナート内の約180万m²という広大な敷地内に、ポリエチレン、ポリプロピレン、アクリロニトリルなど、約30基ものプラントが日々生産活動を行っています。

同事業所では大規模地震発生の際の安全を確保するために、各プラントに地震センサを導入し、一定規模以上の地震が発生した場合にはプラントの操業を安全かつ確実に緊急停止する仕組みを構築してきました。地震の判定には、より信頼度を上げるためにリレー回路を組んで多数決(2-out-of-3)処理※1を実施。10年以上運用を続ける中で、経年劣化が発生するものもあり、その更新を順次行う時期を迎えていました。

「大規模地震災害のリスク対策に対する重要性はますます高まっています。特に当事業所のような石油化学プラントでは、大量のエネルギーを保有し、様々な化学物質を扱っていることから、より高度な地震対策が社会的に求められています」(石川氏)

こうした状況から、エチレンなどの素材をコンビナート内の客先へ供給するためのパイプラインを対象とした、高度な地震時緊急遮断システムへの更新に着手することになりました。

「このシステムは、パイプライン遮断に加え、事業所内に放送で地震発生を知らせるものです。更新にあたってはDCS※2に代表される運転監視システムとは独立し、プラントやプロセスの運転継続が安全上行えない場合の異常検出、緊急停止、インターロックなどの処理を実行する安全計装の考えを取り入れ、より高いレベルで信頼性、安全性を追求したいと考えました」(石川氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.1(2018年02月発行)に掲載されたものです。