HOME > 納入事例 > 建物分野 > 東京ミッドタウン日比谷

東京ミッドタウン日比谷

日本有数のハイクラスビルで
ニーズに合わせたきめ細かいセキュリティを実現

2018年3月にグランドオープンした「東京ミッドタウン日比谷」は、商業施設やオフィスなどで構成される大規模複合施設です。デベロッパーである三井不動産と管理を担当する三井不動産ビルマネジメントは、旗艦ブランドである同ビルにおけるセキュリティシステムの構築をアズビルに依頼。空調や照明の制御と連動したビル全体の最適な管理の仕組みを実現し、テナントのニーズに合わせたビルマネジメントに役立てています。

高いセキュリティが求められる都心の一等地に建つハイクラスビル

三井不動産株式会社が手がける「東京ミッドタウン日比谷」は、六本木に次ぐ二つ目の「東京ミッドタウン」ブランドのビルです。日比谷という土地は、明治期以降、外交の拠点として大きな役割を担ってきた歴史と、著名な劇場や映画館が建ち並ぶエンターテインメントの中心地という特徴を持ち、三井家にとっては明治期よりビジネスの拠点を築いたゆかりのある街でもあります。

「日比谷は、銀座、丸の内、新橋というビジネス街や皇居、日比谷公園といった日本を代表するエリアを結ぶ地点であることから、唯一無二の存在意義を持つ場所です」(水野氏)

三井不動産では、そうした立地に対して、一般企業のオフィスと商業施設が入居する複合施設として「東京ミッドタウン日比谷」をハイクラスビルと位置付け、地上35階、地下4階、延床面積約19万m2という大規模ビルの開発を行いました。複合施設ということで不特定多数の人が出入りすることに加え、近年のインバウンドの影響で海外からの来訪者が増えており、さらには2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、それ以上の来訪者が予想されます。これを受け、三井不動産では、大規模複合施設におけるセキュリティを重要視しました。そして同社が保有するオフィスビルに対して多くのセキュリティシステム納入の実績を持つ、アズビル株式会社をパートナーに採用しました。

「アズビルには、数々のビルでセキュリティシステムをはじめ空調設備など建物の中核となる設備の施工・保守を担ってもらっていました。これまでの信頼関係に加え、ビルをトータルでサポートしてもらえる安心感から、今回のプロジェクトに参加してもらうことにしました」(水野氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2019 Vol.4(2019年08月発行)に掲載されたものです。