HOME > 納入事例 > 建物分野 > Gaysorn Tower

Gaysorn Tower

タイの環境配慮型大型複合ビルに最新BEMSを導入
日本発の省エネノウハウを街づくりに活用

Gaysorn Tower

タイ・バンコクに本拠を置くGaysorn Groupは、国内きっての繁華街として知られるラチャプラソン地区に、オフィス、商業の機能が統合された30階建てのGaysorn Towerをオープンしました。同グループは、最新のビルの運営を支えるため、省エネルギーの実績が豊富なアズビルのビル管理システムを導入。今後のラチャプラソン地区全体を巻き込んだ省エネ施策推進に向けた協業にも期待を寄せています。

省エネ施策の実績から最適なパートナーを選定

Gaysorn Towerのオフィスフロア受付横に設置されたデジタルサイネージ。普段はインフォメーション画面が表示されているが、Gaysorn Towerのビル管理に関する見学を受け入れた際などに、savic-net G5の監視画面へ表示切替えができるようになっている。

Gaysorn Towerのオフィスフロア受付横に設置されたデジタルサイネージ。普段はインフォメーション画面が表示されているが、Gaysorn Towerのビル管理に関する見学を受け入れた際などに、savic-net G5の監視画面へ表示切替えができるようになっている。

東南アジアの中心に位置するタイ。約5,500社ともいわれる日系企業が進出し、日本とは経済的にも深いつながりを持っています。Gaysorn Group(ゲイソングループ)は、1960年代の創業以来、不動産開発・管理、食品やペットフードの製造、ヘルスケア・美容など、幅広い分野へ事業領域を広げ、タイの人々の暮らしに貢献しています。

Gaysorn Groupの中で不動産開発・管理を担うGaysorn Property Co., Ltd.(ゲイソンプロパティー)は、2017年9月、首都バンコクの中心部、大型ショッピングモールや高級ホテルが建ち並ぶタイきっての繁華街ラチャプラソン地区に、30階建てのGaysorn Tower(ゲイソンタワー)をオープンしました。

「ビルの14階から上を占めるオフィスフロアには、グローバルで躍進している多くの著名企業が拠点を置いています。一方、階下の商業施設には、最新のトレンドを取り入れたレストラン、ブランドショップ、温泉・スパなどもあり、オフィスや商業などの機能を統合したビルとなっています」(Charn Srivikorn氏)

「Gaysorn Towerでは、省エネルギーを念頭に置いた環境配慮型の建物を目指した設計を行い、ビルの環境性能を評価するLEED※1において、ゴールドの認証を取得しました」(Fafuen Temboonkiat氏)

2014年ごろ、Gaysorn Propertyでは、Gaysorn Towerの建設プロジェクトをスタートさせるに当たり、パートナーの選定に入りました。同じラチャプラソン地区には、同グループが運営する、商業施設とオフィスからなる大型複合ビルAmarin Plaza(アマリンプラザ)があります。Gaysorn Property は2014年以降、このAmarin Plaza でアズビル株式会社の現地法人であるアズビルタイランド株式会社のサポートを受け、省エネ施策に取り組んできました。この実績を受け、Gaysorn Towerにおいてもビルの運用や省エネ実現のパートナーとしてアズビルを採用しました。

「Amarin Plazaでは、当初、省エネ効果による投資回収を3.2年に設定していましたが、着実に省エネ実績を積み上げ、実際には2.8年と短縮することができました。そうした実績もあって、アズビルに対する我々の信頼は厚く、設計事務所が推奨するグローバルベンダー候補の中から、確信を持ってアズビルを選定しました」(Charn Srivikorn氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2019 Vol.2(2019年04月発行)に掲載されたものです。