HOME > 納入事例 > 建物分野 > 高松シンボルタワー

高松シンボルタワー

複合施設の入退室管理システム全面リプレースを実施
利便性の向上と保守体制の充実がセキュリティ強化に貢献

高松シンボルタワーでは、更新時期を控え、老朽化が進んでいた入退室管理システムを全面的に刷新。建物内の各部屋の出入り口に取り付けられた電気錠を開閉するための非接触ICカードリーダ約270台を新たな機器へと置き換えるとともに、入退室監視システムをリニューアルしました。その結果、カードリーダの感度向上が入居者の利便性を高めるとともに、保守体制も充実。より堅牢なセキュリティ対策の実現につながっています。

入退室管理システムの老朽化が進行。不具合の頻発が切実な課題に

高松シンボルタワーの中央監視防災センターに設置されているsavic-net FX2 セキュリティ。建物内の各部屋の出入り口に設置された非接触ICカードリーダと連動し、在/不在(警戒/非警戒)状況などを入退室管理システムとして一元管理している。

高松シンボルタワーの中央監視防災センターに設置されているsavic-net FX2 セキュリティ。建物内の各部屋の出入り口に設置された非接触ICカードリーダと連動し、在/不在(警戒/非警戒)状況などを入退室管理システムとして一元管理している。

四国の北東部に位置し、瀬戸内海に面する香川県。その県庁所在地である高松市は、明治時代から四国と本州を結ぶ連絡船が発着する港町として栄え、四国を総括する国の出先機関や、企業の支社・支店が置かれるなど、四国における政治・経済の中核都市として役割を果たしてきました。2001年5月から香川県と高松市では、民間企業の参画を得て、JR高松駅、高松港、駅前広場などを整備し「サンポート高松」計画に基づく取組みを本格化。ビジネス・商業機能の集積、および国際化・情報化に対応した新たな街づくりを進めています。同計画の象徴が、2004年3月30日に開業した高松シンボルタワーです。地下2階、地上30階のタワー棟と、地下2階、地上7階のホール棟で構成され、県の施設であるかがわ国際会議場・展示場や高松市の市民ギャラリー、民間の商業施設やオフィスなどが入居しています。

「オープンから10年以上が経過し、設備や中央監視システムの更新時期を控え、老朽化も進んできていました。特に防犯上の重要な役目を担う入退室管理システムについては、既に2010年ごろから不具合の発生が目立っている状況でした」(橋本氏)

例えば、各部屋の扉に取り付けた電気錠の開閉を行うための非接触ICカードリーダが建物全体で約270台設置されていますが、受電設備の点検時にすべての電源を落とすと、電源投入後の再起動が自動で行えない機器が数十台に上る不具合なども、この数年、常態化していました。カードリーダが故障してしまうと、復旧するまで警備員が対象のフロアに立つなど、業務上の負荷も増大していました。

「そのほかにも、カードリーダからの情報を基に、各部屋の在/不在(警戒/非警戒)といった状況を一元管理している入退室監視システムが、老朽化によりフリーズするといったこともたびたび発生していました。そこで、現行のカードリーダやシステムの保守期限が切れる時期を見据えながら、2014年夏ごろから入退室管理システム全体の刷新に向けた検討を開始し、最終的に新システムへの移行を決定しました」(橋本氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.1(2018年02月発行)に掲載されたものです。