HOME > 納入事例 > 建物分野 > 佐倉市立美術館

佐倉市立美術館

ESCOサービスの活用によって、美術作品のための環境維持と省エネ推進を両立

日本における近代洋画の先駆者として著名な浅井忠をはじめ、佐倉・房総ゆかりの作家の作品の数々を収蔵・展示する佐倉市立美術館。同館では、開館から20年以上を経て老朽化対策が必要となった空調・熱源設備、中央監視システムの更新をESCO事業を活用して実施しました。その結果、美術作品の状態を良好に維持するための空調環境と省エネルギーの両立を実現しています。

ESCO事業を活用し、20年以上を経た設備を更新

千葉県の北部に位置する佐倉市。江戸時代には、文武芸術を奨励した佐倉藩の城下町として栄え、市内には当時をしのぶ武家屋敷をはじめとする数多くの文化財があります。そうした佐倉市の市民文化創造の中核拠点として、1994年11月に開館したのが佐倉市立美術館です。

同館には、日本近代洋画の先駆者である浅井忠をはじめ、佐倉・房総ゆかりの作家の作品が数多く収蔵されており、日本の近現代美術を紹介する展覧会や各種企画展を随時実施。また、市民が作品を発表する場を提供するなど、佐倉市の芸術文化振興の上で重要な役割を果たしています。

「当館が収蔵・展示する作品群の状態を適切に維持するには、24時間365日、空調を稼働させて収蔵庫や展示室を常に一定の温湿度に保つことが必要です。開館から20年以上が経過し、空調・熱源などの設備、中央監視システムの老朽化が進み、それらの更新が重要な課題となっていました」(宍戸氏)

「佐倉市では地球温暖化対策実行計画を策定するなど、環境・エネルギー問題への取組みを市の重要施策と位置付けています。設備の更新についても、この観点にかなうかたちで実施する必要がありました」(菅澤氏)

佐倉市は、市が所有する施設の効率的な運用・維持管理を実現するためのファシリティマネジメントに早くから取り組んできたことでも知られています。2010年にはその専門部隊である資産管理経営室を発足。市の施設における省エネ施策の推進も同室の重要なミッションとなっています。

こうした背景から佐倉市では、同室の主導の下、佐倉市立美術館における空調・熱源設備、中央監視システムの更新を決定。設備の更新や維持管理、成果保証、効果検証といった包括的な管理が可能であるESCO事業※1を活用して取組みを進めることにしました。

佐倉・房総ゆかりの作家作品が展示され、定期的に企画展も開催されている。

佐倉・房総ゆかりの作家作品が展示され、定期的に企画展も開催されている。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.4(2018年08月発行)に掲載されたものです。