HOME > 納入事例 > 建物分野 > 新江ノ島水族館

新江ノ島水族館

海洋生物の飼育環境を維持しながら
エネルギー可視化による省エネルギーを実現

2004年にリニューアルオープンした新江ノ島水族館は、イルカショーや幻想的なクラゲの展示、相模湾の生態系を再現した大型水槽などで数多くの来館者を集める、本格的なエデュテインメント型水族館です。省エネ推進が課題となっていた同水族館では、ESCO事業により設備の詳細な運転状況を集中管理し、運用データの可視化をベースとした各種施策を展開。目標値の2倍を超える結果を達成し、継続的に維持しています。

人手による監視・管理では省エネ施策の展開に限界

太平洋に面し、右手に富士山、左手には江の島を望む絶好のロケーションにある新江ノ島水族館。眼前に広がる相模湾の生き物展示を中心に、来館者が海や生命に潜む多くの不思議を“遊びながら学べる”エデュテインメント※1型の施設として人気を博しています。同館は、世界でもクラゲ展示の先駆けの水族館としても知られています。館内には、球型水槽を中心に大小14の水槽を配した「クラゲファンタジーホール」を設置し、訪れる人々に幻想的な“癒やし”の空間を提供しています。

「海洋生物の飼育・展示を行う水族館では、水槽内の温度や水質を厳密に管理することが運営上の生命線です。その実現には多大なエネルギーを必要とします。社会的な要請やエネルギーコスト削減の観点から、いかに省エネルギーを実現していくかが、我々にとって常に重要なテーマになります」(山越氏)

以前から中央監視システムを導入していたものの、その監視ポイントはあくまでも主要設備の警報監視に限られていました。水槽温度などの確認は、基本的には現場の計器を人の目で読み取って管理するという運用だったため、省エネ施策の展開にもおのずと限界があったのです。

相模湾にいる生き物を集めて展示している大水槽。一日に数回、ショーが行われている。

相模湾にいる生き物を集めて展示している大水槽。一日に数回、ショーが行われている。

リピーターも多い“癒やしの空間”「クラゲファンタジーホール」。

リピーターも多い“癒やしの空間”「クラゲファンタジーホール」。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.2(2015年04月発行)に掲載されたものです。