HOME > 納入事例 > 工業分野 > 大津市企業局 浄水管理センター

大津市企業局 浄水管理センター

安全な水を安定して供給するために
水位の変動を未来予測システムがサポート

大津市企業局 浄水管理センター

水道関連設備の管理運営にあたる大津市企業局 浄水管理センターでは、市民生活に不可欠な水を安定供給し続けるため、近未来の配水池の水位変動を予測するシステム ACTMoSを導入しました。配水池のポンプ停止などをはじめとする突発的なトラブル発生時、速やかに適切な対策を講じることができ、さらに安定した品質の水を提供することにも貢献しています。

設備監視の一元化に加え、水位予測計算のシステム化を目指す

琵琶湖の西南端に位置する滋賀県の県庁所在地大津市は、比良(ひら)、比叡、音羽(おとわ)、田上(たなかみ)などの山並みに囲まれた自然豊かな街として知られます。そうした大津市で、日々の生活に欠かすことのできない生活インフラにかかわる事業を行っているのが大津市企業局です。「くらしを支えるパートナー」をキャッチフレーズに、高品質な水道水・ガスの供給、および下水道処理に日夜取り組んでいます。中でも水道事業は、市内約15万4000戸、およそ34万人の人々に水を安定供給しています。

大津市企業局では、2014年7月、浄水管理センターを新たに開設。同センターに設置した中央監視システムから、市内6カ所の浄水場と、合計で137ある加圧ポンプ場・配水池などの水道施設の運転状況、各所の水質などを一元管理しています。

「水道事業者として一番避けなければならない事態は『断水』です。今まで6カ所の浄水場それぞれに24時間体制で2人の職員が常駐して監視業務を行ってきました。就労人口の減少を背景に職員が減る中で、施設ごとに行っていた監視業務を1カ所に集約し、24時間体制による監視を、より少ない人員で可能にする体制を整えました」(水野氏)

「こうした一元統合監視体制の整備により、各施設の運転に異常が発生した際にも、浄水管理センターから即時確認することができるようになりました。しかし、設備故障やトラブル発生の際、各戸に配水するために、一時的に水を貯留しておく配水池の貯水量があとどれくらいで底をつくのかの見込みについては、いまだ人手による計算で予測しており、システム化の余地が残っていると感じていました」(奥野氏)

例えば、台風や雷雨などによる停電で配水池に水をくみ上げるためのポンプが動作しなくなることがあります。この場合、その状況がどれだけ続くと配水池の水位が低下して断水に至るかの時間を、職員が水位の減少傾向を見て計算し、その結果に基づいて機器の修理対応や、断水が起こった際に各戸へ水を供給するための給水車の手配など、必要な対処を行っていました。

「現場では多くの職員が対応にあたりますが、一方では計算の作業に高いスキルと豊富な経験を備えた職員の確保が必要というジレンマを抱えていました。さらに、もし計算を間違えてしまったらという、職員の心理的負担も課題でした」(奥野氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2020 No.1(2020年02月発行)に掲載されたものです。