HOME > 納入事例 > 工業分野 > Aichi Forging Company of Asia, Inc.

Aichi Forging Company of Asia, Inc.

既存設備を有効活用した合理的な省エネ施策で
コンプレッサ稼働にかかわる電力を削減

Aichi Forging Company of Asia, Inc.は、愛知製鋼グループのフィリピンにおける生産拠点として、自動車メーカー各社にトランスミッション関連の鍛造製品を供給しています。同社ではコンプレッサの運用に着目し、既存設備を有効活用した電力コストの負担軽減施策を展開。コンプレッサの台数制御による運転の最適化で、製造現場へのエア供給にかかわる電力消費量の削減を実現しました。

電力コストの負担軽減を念頭にコンプレッサ運用に着目

1940年に設立した愛知製鋼株式会社。その前身は株式会社豊田自動織機製作所(現・株式会社豊田自動織機)に設置された、国産自動車用特殊鋼の研究・製造のための製鋼部です。今日では、ニッケルクロムやステンレスなどの特殊鋼を原料とする鍛造製品を中心に、自動車をはじめ産業機械やエレクトロニクス、建設、さらには医療や農業など幅広い領域の製品ニーズに応えています。特に近年は、北米や欧州、東アジア、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国にも生産・販売拠点となるグループ企業を積極的に展開しており、国際市場での競争力強化に向けたグローバル生産体制を確立し、サプライチェーンの最適化にも注力しています。

愛知製鋼グループの海外拠点として最も長い歴史を持つのが、フィリピンにあるAichi Forging Company of Asia, Inc.です。トヨタ自動車株式会社トランスミッション工場のフィリピン進出を機に1995年に設立されました。自動車のトランスミッション関連の鍛造製品を昼夜体制で製造し、トヨタ自動車ほか日系自動車メーカーのタイやインドネシアなどの生産拠点にも供給しています。

「フィリピンは、ほかのASEAN諸国に比べてもエネルギーインフラにかかわる料金が高額です。工場でエネルギーコストをいかに削減していくかは、当社にとって長年にわたる重要課題でした。その中で特に注目したのが、コンプレッサです。プレス工程など様々な金属加工用機械で使うエアを製造するコンプレッサは、運用にかかわる電力消費の効率化が大きな課題になっていました」(森島氏)

同社では、省エネルギーを考慮して、24時間操業の中で合計6台あるコンプレッサは、定常時、すべてが稼働しているわけではありませんでした。生産量が増えて現場に送出されるエアの圧力が下がるとアラームが鳴り、それを受けて担当者は動力室に出向いてコンプレッサを追加で立ち上げ、不要になったら追加分を停止するという手動運転での運用が行われていました。

「現場のエア利用状況に応じた供給量の調整は、人手に頼った対応では調整が難しいことに加え、コンプレッサ自身の自動運転により、アンロード状態になるとモータは回っているがエアは送らないという状態となり、コンプレッサの動力エネルギーが現場側の負荷に応じて使われていない場合がありました。エアの使用量やコンプレッサの電力消費量も十分に把握できていない状況で、適切にエア供給量をコントロールするのは難しい状況でした」(FAJARDO氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.1(2016年04月発行)に掲載されたものです。