HOME > 納入事例 > 建物分野 > くらしき流ESCO事業

くらしき流ESCO事業

公共施設の長寿命化に向けた設備改修をESCOサービスの活用で実現

岡山県倉敷市では、国庫補助事業の活用によるESCO事業を展開し、公共施設の長寿命化に向けた老朽化設備の改修と省エネ施策に取り組みました。空調用熱源機器の高効率化、太陽光発電の導入、中央監視システムのBEMS化など、各種施策を三つの建物で実施。厳しい財政状況の中、ESCOサービスを活用した取組みにより、老朽化対策と省エネルギーを同時に実現し、ほかの公共施設への展開も進められています。

老朽化した設備の改修に国庫補助事業とESCOを活用

岡山県南部に位置する倉敷市。瀬戸内海に面し、豊かな自然と温暖な気候に恵まれた同市は、山陽道、および瀬戸内海の海上交通における古くからの要衝(ようしょう)であり、現在も瀬戸大橋の本州側の起点として、本州と四国をつなぐ交通上の重要な役割を担っています。江戸時代の風情を残す白壁の蔵や町家の景観と、大原美術館のギリシャ神殿風の威容が調和する美観地区をはじめ、市内には観光資源も豊富で、年間を通して国内外から観光客が訪れます。

今日、全国の自治体では、人口の減少や住民ニーズの多様化に対し、生活に必要なインフラをいかに維持・管理するかという視点に立った取組みが急務となっています。中でも、高度成長期に整備された公共施設の老朽化対策は、自治体にとって非常に切実な課題です。倉敷市は、この課題に対して先進的な取組みを展開してきたことで知られ、同市の企画財政部公有財産活用室を中心に、継続使用すべき施設の長寿命化や総量の適正化などの施策を進めています。

2012年、同市では市民の生涯学習を支える中核施設であるライフパーク倉敷、および消防局倉敷消防署合同庁舎、児島消防署という三つの建物の設備改修を国庫補助事業の活用と併せてESCO事業※1のスキームで展開することを決定。厳しい財政状況の中で、設備の老朽化対応と省エネルギーの実現を同時に目指すことにしました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.2(2018年04月発行)に掲載されたものです。