HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社SUBARU 群馬製作所 大泉工場

株式会社SUBARU 群馬製作所 大泉工場

潤滑機構の標準化による耐久性に優れた生産設備の導入と
保全の強化が工場の連続操業を支える

SUBARU 群馬製作所 大泉工場では、工作機械の潤滑機構として、潤滑油を随時、霧状で潤滑対象箇所へと吹き付ける方式のミクロンルブ潤滑装置を標準採用しました。併せて、増え続ける潤滑装置の点検による不具合確認、故障予兆の捕捉、交換工事に至る保全業務を強化することにより、常にフル稼働し続ける工場の安定操業を実現しています。

グローバルブランドとしての成長を、より高度な“付加価値経営”で目指す

自動車事業、航空宇宙事業を中心にビジネスを展開する株式会社SUBARU。自動車事業に関しては、「インプレッサ」や「XV」「レヴォーグ」などの人気車種のブランドとして広く知られています。

2017年4月に、富士重工業株式会社から現在の株式会社SUBARUへと社名を変更し、「これからは価値を提供するブランドとして生きていく」ことを表明しました。世界中の顧客に「安心と愉(たの)しさ」を届け続けるSUBARU。魅力あるグローバルブランドとして成長していくための“付加価値経営”を、さらに高いステージで展開しています。

群馬県邑楽(おうら)郡にある同社 群馬製作所 大泉工場は、SUBARU車に搭載するエンジン、およびトランスミッションの生産拠点です。その生産物は、同じくSUBARU 群馬製作所に属する本工場や矢島工場などの車体工場に供給されています。

「大泉工場では第1工場から第5工場までの五つの工場が稼働しており、第1工場が操業を開始したのが1983年。以降、第2、第3、第4までの各工場を約3年おきに新たに稼働し、増産に対応してきました。その後、2010年7月には、低燃費で環境性能に優れた『新世代ボクサーエンジン』を生産する第5工場を新設しました」(佐伯氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.1(2018年02月発行)に掲載されたものです。