HOME > 納入事例 > 建物分野 > 株式会社 牧野フライス製作所 富士勝山工場

株式会社 牧野フライス製作所 富士勝山工場

ミクロン単位の精密さが求められるマシニングセンタ製造工場
温度管理強化による製品精度の安定と大幅な省エネルギーを実現

工作機械メーカーとして創業し、80年以上の歴史を誇る牧野フライス製作所。国内外から高い評価を得る、同社のマシニングセンタの製造工場に求められるのは、製品の品質を確保するための製造環境のシビアな温度管理でした。2017年の中央監視装置更新を機に、富士勝山工場内の空調設備を一元管理。一年を通して低めの気温である富士山麓という地の利を活かした外気取入れ制御の運用改善と空調機ファンへのインバータ導入を実施しました。蓄積した運転データを基にした改善・省エネ提案で、設備担当者の負荷を軽減することに加え、当初の計画に比べて170%の省エネルギーを実現。空調の運用精度も±1.5℃から±1℃に向上し、安定した温度環境と省エネルギーを両立しました。

国内有数の工作機械メーカー理念は「クオリティ・ファースト」

富士勝山工場内の空調設備を一元管理しているsavic-net FX。この画面から富士吉田工場、鳴沢工場の運用状況も確認・操作ができる。

富士勝山工場内の空調設備を一元管理しているsavic-net FX。この画面から富士吉田工場、鳴沢工場の運用状況も確認・操作ができる。

1937年創業の株式会社 牧野フライス製作所は、1958年に日本初のNCフライス盤を開発したことでも知られる国内有数の工作機械メーカーです。すべての製品とサービスに加え、組織や社員のあり方においても、企業理念に掲げる「クオリティ・ファースト」を追求しています。

同社の国内工場は、神奈川県の厚木市、そして山梨県の富士河口湖町、富士吉田市、鳴沢村にあり、マシニングセンタと呼ばれる様々な金属加工を連続して施すことができる工作機械を製造しています。同社のマシニングセンタは、自動車や航空機の部品といった大型で精度が求められる金属加工に用いられており、国内外の企業から高く評価されています。現在、欧米、アジアにも関連会社を展開しており、グローバル展開を推し進める一方で、ESG※1経営、SDGs※2といった持続可能な社会に向けた取組みにも重点を置いています。

河口湖の近く、自然豊かな富士山麓に位置する富士勝山工場は1987年に操業を開始し、1〜6期棟の工場建屋があります。1期棟建設時からアズビル株式会社(当時、山武ハネウエル株式会社)の計測制御機器が採用され、アズビルが長年にわたり保守を担当してきました。当時は、最小限の重要監視ポイントを他社の中央監視装置で管理していました。

2007年に5期棟に中央監視装置としてアズビルの建物管理システムsavic-net™FXを導入したことをきっかけに、他社中央監視装置が管理していた1期・2期棟についてもアズビルのシステムに更新。さらに2018年にかけて、すべての空調機器の状態や温湿度計測が中央監視装置で管理できるように監視ポイントを取り込む工事を実施し、富士勝山工場内の空調設備について一元管理が行えるようになりました。

「旧システムでは、空調の温度設定の変更は機器が設置されている現場に出向いて行うかたちでした。中央監視装置で機器の運転状況や現場の環境を一元管理し、中央からの操作が可能になったことで、工場内の温度管理の精度が向上し、担当者の工数削減にもつながりました」(渡辺氏)

「大型の工作機械の生産に欠かせないのは、やはり精度です。例えば鉄なら、温度が1℃上昇すると1mあたり12マイクロメートルの寸法変化が生じます。温度の変化が素材の寸法に影響を与えることから、工場内の温度が製品の質を左右するのです」(羽田氏)

生産に伴う工場内部での発熱が多いため、室温を常時監視して一定に保つことで、工場内のより良い環境と製品品質の確保を目指したのです。

※savic-net、savic-net FXは、アズビル株式会社の商標です。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2020 No.5(2020年12月発行)に掲載されたものです。