HOME > 納入事例 > 工業分野 > 日本製紙石巻エネルギーセンター株式会社 石巻雲雀野発電所

日本製紙石巻エネルギーセンター株式会社 石巻雲雀野発電所

安定した稼働が求められる発電プラントを
AIを活用した異常予兆検知システムが支える

特定規模電気事業者に向けた電力供給事業を展開する日本製紙石巻エネルギーセンターでは、運営する発電プラントでの設備トラブルを機に、想定外の事態も未然に防止することができるような仕組みの整備を検討。異常予兆検知システムのスピーディな導入を実現し、ベンダーを超えた他社DCSとのシステム連携により一元監視体制を可能にしています。

異常予兆検知システムの導入で、想定外のトラブルも未然に防止

2015年5月に設立された日本製紙石巻エネルギーセンター株式会社では、日本製紙株式会社の石巻工場が保有する雲雀野(ひばりの)用地内に発電プラントを立ち上げ、2018年3月から特定規模電気事業者※1に向けた電力供給事業を開始しています。同プラント最大の特徴は、約30万世帯分の電力使用量に相当する14万9,000キロワットの発電量を誇りながら、間伐材などの未利用木材を活用した木質バイオマスと石炭を燃料として混ぜて使い、木質バイオマス燃料※2を最大30%(熱量ベース)まで混焼できる、再生可能エネルギーを活用した発電所です。電力の安定供給とともに、地球温暖化防止や未利用木材の調達による林業の振興をも念頭に置いて社会に貢献しています。

電力事業者にとっては、滞ることのない電力供給こそが最重要のミッションとなりますが、同プラントでは2019年3月に発生した設備トラブルにより、操業が一時停止してしまう事態が発生しました。

「トラブル発生時には、直ちに設備面での処置を行い、原因を解消することがもちろん必要ですが、これらのトラブルが発生する前に、想定外のものも含めて未然に防止していけるような仕組みを整える必要があると考えました」(熊谷氏)

同社はこの3~4年前からAI(人工知能)を利用した異常検知システムのスタディを続けており、これを機会に本格的に異常予兆検知システム導入に向けた検討を開始しました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2020 No.5(2020年12月発行)に掲載されたものです。