HOME > 納入事例 > 建物分野 > ソリッドスクエア

ソリッドスクエア

初期投資不要、成果保証型スキームによる既存設備の運用改善で
ファンド物件の大幅な省エネ・省コストを実現

JR川崎駅西口エリアのランドマークとしても知られるソリッドスクエアでは、SDGsの取組みで折から高まる省エネルギーに向けた要請に対し、ファンド物件という施設の特質とも相性の良い、初期投資不要、成果保証型のスキームによる省エネルギーサービスを採用。既存の熱源や空調の設備の運用改善による施策の展開により、多大な省エネ効果を享受し、施設運用コストの大幅削減を実現しています。

社会的要請およびビジネス戦略上、施設の省エネルギーが重要なテーマに

JR川崎駅に隣接する旧明治製菓 川崎工場跡地の再開発に伴い、1995年5月に竣工したソリッドスクエア。このエリアでもひときわ目を引く同施設は、24階建て高層オフィスビル2棟からなり、地元企業のオフィス、川崎県民センターや神奈川県パスポートセンター川崎支所といった県施設、スポーツクラブやホールが入っています。また建物入り口にはガラスドーム屋根と円形の池を持つアトリウムが広がっており、市民の憩いの場所として日々にぎわいを見せています。

ソリッドスクエアは東京海上アセットマネジメント株式会社を投資法人とするファンド物件で、施設の賃料収入などの収益を投資家に配分するというスキームにより運営されています。同施設において、資産価値および投資家からの評価の向上を目的として取り組まれたのが、継続的な建物のメンテナンスと併せた省エネルギーのための施策検討でした。

「SDGs※1などで示される持続可能な社会への貢献という取組みに、社内で注力してきています。また、不動産投資信託の業界の中で、他社との差異化を図り競争力を高めていくには、設備管理コストの削減によって投資家様に対する利益還元をいかに拡大していくか、いわゆる内部成長をどう図っていくかが重要なテーマであったことも背景となっています」(吉田氏)

この記事は2021年03月に掲載されたものです。