HOME > 納入事例 > 建物分野 > 京セラドーム大阪

京セラドーム大阪

ドーム内の大規模な快適空間を実現し、ビル管理上の運用負荷を低減

多目的ドーム球場兼複合レジャー施設として、1997年にオープンした京セラドーム大阪では、竣工から15年を過ぎるころから、設備の老朽化が目立ち始め、年数を追うごとに中央監視装置などに不具合が発生してきました。たくさんのお客さまを迎えるドーム内の快適な空間を維持するためには人の手による管理が必要となり、人的負荷の増大が課題となっていました。そこで、それらを最新のシステムに置き換え、課題を解消するとともに、より効率的な設備の運用が可能となりました。

中央監視装置等の不具合から人的負荷が増える

最大55,000人を収容できる京セラドーム大阪の内部。

最大55,000人を収容できる京セラドーム大阪の内部。

プロ野球球団であるオリックス・バファローズの本拠地として知られる京セラドーム大阪。同施設はプロ野球の試合以外にも、各種スポーツの試合やコンサート、展示会や見本市など、レジャーからビジネスまで複合的な用途で活用され、イベント開催日には多くの人々が訪れてにぎわいを見せています。

建物は地上9階地下1階。3階に下段席、5階に上段席が設けられており、2階・3階・5階には約40店のレストランや売店などがあります。プロ野球の試合開催時の最大観戦席数は36,154席、イベント開催時のアリーナを含む最大収容人数は55,000人に上るため、空調制御の難しい大規模空間を有するドーム球場ならではの工夫が設備面でも施されています。

「1997年に大阪ドームとしてオープンしてから年月が経ち、館内の様々な設備やそれを支えるシステムで、老朽化に伴う不具合が発生していました。中でも影響が大きかったのが、竣工当初から利用してきた電気・空調などの設備を運転・監視する中央監視装置と、それに付随する課金システムで、2014年ごろから徐々に不具合が発生し、その頻度が増えていったことです」(柳谷氏)

「設備の基本的な監視はシステムで行えるものの、中央監視装置で遠隔から空調機などの設備機器の制御が行えず、設備異常の警報も発報しない状況でした。このため、機器の発停などの操作を行う際には、対象となる機器が設置されている現場にビル管理の担当者が出向き、手動で操作する必要がありました。併せて、水道光熱費用の検針データを収集・蓄積できない不具合も生じていたため、各所に設置された検針用メーターを一つひとつ見て回り、必要な情報を記録しなければなりませんでした」(田中氏)

また、京セラドーム大阪は、省エネ法*1上の第一種エネルギー管理指定工場の適用を受けており、エネルギー使用状況等を国に対して定期的に報告する義務を負っています。そのレポート作成にあたっても、エネルギー関連データの把握作業が発生していました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.5(2018年10月発行)に掲載されたものです。