HOME > 納入事例 > 建物分野 > 中之島フェスティバルタワー・ウエスト

中之島フェスティバルタワー・ウエスト

クラウドサービスで各テナントの空調操作が可能となり
テナントの満足度と建物の付加価値が向上

超高層タワーである中之島フェスティバルタワー・ウエストでは、環境・省エネルギーへの配慮やテナントの利便性向上を重視。ビル向けクラウドサービスによって、テナントユーザー自身による空調の起動・停止や温度設定変更を可能にし、テナントの満足度向上に貢献しています。さらに、収集・蓄積した運用データの活用により、設備異常の発見やきめ細かなビル運用・省エネルギーの実現に役立てています。

クラウドサービスでデータの安全な管理が可能に

大阪駅から徒歩圏に位置し、堂島川と土佐堀川に囲まれた中之島は、大阪の行政・経済・文化を担う施設が集中するエリアとして知られています。その一角を占める大阪朝日ビル、新朝日ビル、朝日新聞ビルを、東西2棟の超高層ビルに建て替える「大阪・中之島プロジェクト」の構想が2007年にスタートしました。2012年11月に東側の中之島フェスティバルタワー、2017年3月に西側の中之島フェスティバルタワー・ウエスト(以下、ウエスト)が竣工。このツインタワーを中心としたフェスティバルシティと呼ばれる街が誕生しました。

ウエストは地上41階、地下4階の建物で、4階までの低層階には商業施設、重要文化財などの所蔵品を有する中之島香雪(こうせつ)美術館、多目的ホールとして利用できる中之島会館があり、6階から31階はオフィス、33階から40階は海外でも有名なラグジュアリーホテルが入居しています。

ウエストの運用・設備管理に当たっては、先に竣工していた中之島フェスティバルタワーでの課題や経験を踏まえ、中央監視装置およびエネルギー・設備管理を実現するシステムを提供するベンダーを選定することになりました。

「環境・省エネルギーへの配慮やテナントの利便性重視など、基本的な設計思想はフェスティバルシティ全体で統一して考えられていました。独自の工夫を加えながら、その思想を実現してくれるパートナーを求めていました」(田能村氏)

これを受けてアズビル株式会社は、中央監視装置としての建物管理システム savic-net™FX2、ビル向けクラウドサービス、保守・メンテナンス体制によるビル全体の最適管理を提案しました。

「ビル向けクラウドサービスは、インターネット経由で、建物内外の様々な場所からエネルギーデータや設備管理情報の確認、空調の発停・温度設定変更などを行えるサービスで、採用の大きなポイントになりました。このサービスを利用することで、サーバーの保守管理の煩わしさから解放されます。また、最新のセキュリティに対応するために、サーバー側でこまめにバージョンアップをしてくれるので、信頼性が非常に高いものだと評価しました」(田能村氏)

「さらに、アズビルはフェスティバルシティ建替え前のビルでも実績があり、体制面でも部品の提供能力、システム・設備の保守能力の高さには大変満足しており、安心感がありました」(鈴木氏)

※savic-net、savic-net FXは、アズビル株式会社の商標です。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2019 Vol.1(2019年02月発行)に掲載されたものです。