HOME > 納入事例 > 建物分野 > 千代田区立九段小学校・幼稚園

千代田区立九段小学校・幼稚園

歴史的価値の継承と教育環境の向上を目指して
遠隔監視と省エネ施策で快適かつ安全・安心の学び舎へ

100年以上の歴史を持つ千代田区立九段小学校と九段幼稚園。竣工から80年以上が経過し老朽化が進んだ校舎の建替えを機に、空調の集中管理を導入しました。遠隔から監視が可能なアズビルのBOSSセンターと建物の中央監視装置を接続。建物側に設備を管理している人が常駐していなくても、24時間365日、建物の状態が見守られています。不具合発生時に迅速に対応できる体制を構築し、省エネルギーや新型コロナウイルスの対応など、快適で安全・安心な学習環境を提供しています。

地域の歴史を守りつつ、新しい教育環境を整備

1903年(明治36年)に開校し、100年以上の歴史を持つ千代田区立九段小学校と九段幼稚園。東郷元帥記念公園に隣接し緑豊かな学習環境の同校は、1926年(大正15年)に鉄筋コンクリート建築の校舎となりました。人権尊重の精神を基盤とし、国際的視野に立つ自主性、創造性に満ちた人間教育を推進することを教育目標に掲げています。

2012年7月、校舎竣工から80年以上が経過し老朽化してきたことから、新たな学習環境に適応するために九段小学校と九段幼稚園を同居させた複合施設を建設し、快適性や安全性を備えた新しい校舎の整備を進めることになりました。歴史的建造物でもあることから、地域住民や関係者からは、建物を残してほしいとの声が寄せられ、コの字形に建てられた校舎の西側は旧校舎の一部を利用し、北側と東側の校舎を新築する形で新しい校舎が2018年9月に完成しました。

千代田区で小学校施設を管理している子ども部子ども施設課では、これまで設備や機器の故障などが発生した際、現場の教職員からの連絡で修理対応等をしていましたが、設備の専門家ではないため、その対応に大きな労力を費やしていました。2017年、区が同校の改築にあたり、施設や設備の維持管理方法の見直しを検討していたところ、アズビル株式会社の建物管理システム savic-netFX2compact™が導入されることになりました。2018年3月、アズビルが遠隔から設備の状態を監視する施設(以降BOSSセンター)に千代田区の担当者が訪れ、アズビルの中央監視装置が導入されている建物を通信回線で接続し、建物内にある設備の運転・警報状態を監視する様子を見学しました。

「九段小学校にもアズビルの中央監視装置が入っていることから、せっかくなら設備の状態監視や省エネルギーも含めて、建物全体を管理できればと考えました」(宮鍋氏)

九段小学校の中央監視装置をBOSSセンターに通信回線で接続することにより、24時間365日、いつでも遠隔で九段小学校にある設備の稼働状況を把握し、不具合発生時にスムーズな対応が可能となります。

「遠隔で建物の設備を監視してくれていれば、建物側に設備を管理している人が常駐していなくても、急な設備故障にも対応できるため安心です。人員配備のコストが抑えられるのもメリットだと思いました」(赤石氏)

施設の象徴にもなっている煙突。地下にある体育館の空調は地熱が利用されており、現在はその排気に使われている。

施設の象徴にもなっている煙突。地下にある体育館の空調は地熱が利用されており、現在はその排気に使われている。

※savic-net、FX2compactは、アズビル株式会社の商標です。

この記事は2021年03月に掲載されたものです。