HOME > 納入事例 > 工業分野 > 昭和電工株式会社 川崎事業所

昭和電工株式会社 川崎事業所

IoT活用のバルブ診断により保安のスマート化を推進
プラントの安定稼働や保全コストの削減に貢献

有機・無機化学品分野の製品の開発・製造において長い歴史を誇る昭和電工 川崎事業所(扇町地区)では、IoTなどを活用した産業保安のスマート化に向けて、生産活動に不可欠なバルブに着目。保全作業の最適化とコスト削減の実現を目指し、アズビルのスマート・バルブ・ポジショナやバルブ診断システム、専門技術者によるバルブ解析診断を活用しています。

スマート化に向け、保全費で高率を占めるバルブ保全作業に着目

石油化学、化学品、無機、アルミニウム、エレクトロニクスの各領域で事業を展開する昭和電工株式会社。昭和電工で最も古くから操業を続ける川崎事業所は、扇町・大川・千鳥の3地区に分かれており、同社のマザープラントに位置付けられています。同事業所では、アンモニアや苛性ソーダといった工業製品、窒素、水素、アルゴンなどの産業用ガスをはじめとする化学品の生産を担っています。さらに近年では、使用済みプラスチックのケミカルリサイクルを進めており、資源循環型社会に向けた活動として注目されています。

「経営的な観点では、プラントの安定稼働を大前提としながら、人員不足の解消や円滑な技術継承などを実現すべく、プラントのスマート化の推進が強く求められています。そこで着目したのが、当事業所内で4,000~5,000台が稼働しているバルブでした」(日野氏)

「グローバルに進出し競争をしていく中で、企業や製品の競争力を高めていくために、これまで以上に保全コストの削減は大きな課題となっています。定期点検などバルブの保全に要する費用は計装機器全体の保全費用の約20%を占めており、年間1,000人日の工数が必要でした。バルブの保全作業をスマート化できれば、大きなコスト削減効果があり、生産性も向上できると考えました」(有田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2019 Vol.2(2019年04月発行)に掲載されたものです。