HOME > 納入事例 > 工業分野 > Usina Coruripe Plant Campo Florido Unit

Usina Coruripe Plant Campo Florido Unit

様々な仕様のバルブに共通して使えるポジショナを採用
生産プラントの稼働率向上に加え人的負荷の軽減にも寄与

世界を代表する砂糖の生産国ブラジルで創業し、100年近い歴史を誇るUsina Coruripe。ブラジル国内に複数の工場を所有し、砂糖・エタノールの生産を続ける中で、バルブポジショナの故障が時々発生していました。あらゆるメーカー・様々な仕様のバルブでも利用可能で、高品質かつ信頼性の高いバルブポジショナを採用することで、プラントの安定的な操業はもちろん、修理コスト・人的負荷の削減を実現しました。

砂糖・エタノール生産工程のバルブポジショナの故障が課題に

世界最大の砂糖生産国であるブラジル。多くの日系企業が進出するなど、日本とは経済的にも深いつながりを持っています。Usina Coruripe(ウジーナ コルリッペ) は、20世紀初頭の1925年、同国アラゴアス州の南海岸に位置するコルリッペ市に設立。サトウキビを原料とした製糖業者として事業を拡大しながら、一方では自動車の燃料に使用されるエタノールの生産事業もスタートさせ、今では砂糖・エタノール生産においてブラジル国内の10大企業の一つとなるまでに成長を遂げています。また、サトウキビの絞りかすを燃料に地球にやさしいエネルギーとして「バイオマス発電」を行っており、主に自社プラントの稼働電力として使用しています。

同社の主要プラントの一つであるCampo Florido Unit(カンポ フロリド ユニット)は、年間440万トンのサトウキビ処理能力を有しています。生産した砂糖は国内・海外マーケットへの販売のほか、自社製品としても販売しており、Coruripeマークが付いたものはミナスジェライス州、アラゴアス州などで主に家庭用として流通しています。

同ユニットの、砂糖・エタノール生産工程には、発酵、サトウキビから原料を絞った後のかすの処理、乾燥、煎糖、結晶、精糖などがあり、その設備で稼働しているバルブをコントロールしているポジショナの故障が多く、修理を必要とする確率が高くなっていました。ウジーナ コルリッペでは同様の生産工程を有する工場を国内各所に複数所有しているため、全社として課題を抱えていました。

「故障のたびにプラントを止めなくてはならず、プラントの稼働率も下がった状態でした。この状況を受け、複数メーカーのポジショナについてテストを行い、故障が少なく費用対効果の良いものの検討を続けていました」(Wilson Angelo de Menezes Junior氏)

自社製品としても販売している家庭用の砂糖。

自社製品としても販売している家庭用の砂糖。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2020 No.2(2020年04月発行)に掲載されたものです。