HOME > 納入事例 > 建物分野 > 神戸市しあわせの村

神戸市しあわせの村

31年にわたる監視システムの保守や省エネ施策支援で
総合福祉施設における市民サービスを支える

高齢者や障がい者の自立支援のための福祉施設や、病院、誰もが楽しめるスポーツ施設、温泉・宿泊施設などを備える神戸市の「しあわせの村」では、主要施設に監視システムを設置し、総合センターから広域一元監視を行うことができる仕組みを整えてきました。定期的な点検整備の実施のほか、設備の不具合発生時にも速やかに対処できる体制の整備、設備や監視システムの更新、サービスの提供により、しあわせの村の利用者の安心・快適を実現しています。

レクリエーション、学習、医療など多彩な機能を持つ総合福祉施設

古くからわが国における国際貿易の拠点となる港町として栄え、今なお全国有数の経済都市として知られる神戸市。同市中心部から車で北に約25分の丘陵地にある「しあわせの村」は、神戸市が市政100周年の記念事業の一つとして1989年に開村した総合福祉ゾーンです。「すべての市民が交流と相互理解を深め、等しく健康で文化的な生活を享受できる」社会の実現を開村理念とするしあわせの村は、高齢者や障がい者の自立と社会参加を支援する福祉施設に加え、あらゆる層の市民がリフレッシュできる都市公園としての機能を兼ね備えています。205ヘクタールの広大な敷地には、野外活動センター、たんぽぽの家(婦人交流施設)などの宿泊施設、シルバーカレッジ(高齢者のための生涯学習施設)、リハビリテーション病院をはじめ、屋外スポーツ施設や芝生広場、キャンプ場、さらには福祉施設や温泉などが林立しており、まさに「花と緑あふれる複合施設」として広く神戸市民に親しまれ、年間約190万人に利用されています。

村内の各主要施設には中央監視システムが設置されており、宿泊施設となっている総合センターから、各施設の空調設備等の稼働状況を広域で一元監視できる仕組みによって、管理の効率化を実現しています。そうした広域一元監視システムの運用を30年にわたって支援してきたのがアズビル株式会社です。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2020 No.3(2020年08月発行)に掲載されたものです。