HOME > 納入事例 > 建物分野 > コニカミノルタ株式会社 東京サイト八王子

コニカミノルタ株式会社 東京サイト八王子

最新鋭の研究開発施設にBEMSを導入
きめ細かいエネルギー管理により省エネルギーを加速

プリンタや産業材料、医療機器など多彩な領域でビジネスを展開するコニカミノルタ。同社では、その研究開発の中核拠点である東京サイト八王子に新たに建設した新棟にBEMSを導入。よりきめ細かいエネルギー消費状況を把握することで、空調などの設備の運用改善を軸とした省エネルギーを推進し、効果を上げています。

研究開発を担う新棟建設に際し、BEMS導入による省エネルギーを推進

建物のシンボルマークとしてコニカミノルタで作成したロゴマーク

建物のシンボルマークとしてコニカミノルタで作成したロゴマーク

1873年創業のコニカ株式会社と1928年創業のミノルタ株式会社。共に長い歴史を持つ両社が2003年8月に経営統合し、コニカミノルタ株式会社が誕生しました。「光学」「微細加工」「画像」「材料」という四つの技術を核に、プリンタから産業材料、医療機器、プラネタリウムに至るまで、多彩な領域でビジネスを展開しています。近年では、印刷関連などの領域で行政機関との連携も視野に入れた産学連携に注力し、大学との研究開発プロジェクトを通じて、新たなビジネス創出の取組みを加速させています。

コニカミノルタの東京サイト八王子は、同社の研究開発活動の中核を担う重要拠点です。2014年4月には、同サイトの敷地内に地上7階、延床面積約4万m²の研究開発新棟「コニカミノルタ八王子SKT」(以下、SKT)が竣工。そこには、デジタル印刷システムの設計・試作・評価といった開発機能が集約されているほか、行政・大学・研究機関、他の企業との連携により、オープンイノベーションを推進するスペースも整備され、新たな価値創造の場として期待されています。また、SKTは最新鋭の施設として、環境への配慮も十分になされた設計が施されており、国土交通省が主導する建物の環境性能評価「CASBEE※1」で最高のSクラスを取得しています。

「屋上の太陽光発電パネルや自然光・昼光センサによる照明消費電力の削減に加え、自然換気や井水利用なども取り入れながら、継続的に環境負荷を減らしていく設備を整えています。働く人に対しても地球環境にもやさしい施設を目指しました」(玉井氏)

このSKTは施設自体の環境性能に加え、BEMS※2を導入してきめ細かいエネルギー管理を行い、省エネルギーを推進することが建設計画の段階で決定していました。

「八王子サイトの既存の建物では、電力メーターなどから得られる積算情報を人手で収集・集計するという従来のやり方で記録を行っていました。しかし、SKTはこれまでの各棟に比べてはるかに規模が大きく、人力では対応しきれないと考えました。国の『省エネ法』※3や東京都が『環境確保条例』※4で定める温室効果ガス排出総量削減義務を遵守する上でも、BEMSによるエネルギーの“見える化”が必須であると判断しました」(小林氏)

自然光をふんだんに取り込み、省エネルギーや環境に配慮した建物設計となっている。
自然光をふんだんに取り込み、省エネルギーや環境に配慮した建物設計となっている。

自然光をふんだんに取り込み、省エネルギーや環境に配慮した建物設計となっている。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.2(2016年04月発行)に掲載されたものです。