HOME > 納入事例 > 工業分野 > タカナシ乳業株式会社 北海道工場

タカナシ乳業株式会社 北海道工場

燃料転換を機に国庫補助事業による省エネ施策を実施
エネマネ事業者を活用し補助率1/2を実現

タカナシ乳業 北海道工場では、ボイラ設備の更新および重油からLNG(液化天然ガス)への燃料転換事業を行うにあたり、省エネ事業を助成する経済産業省の「エネルギー使用合理化等事業者支援事業(エネ合補助金)」を活用、設備更新と同時にさらにエネマネ事業者としてアズビルを採用することで、通常の補助率1/3を1/2に引き上げることができました。EMSを導入し、インバータなどによる電気系の制御に比べ、技術的に難易度が高い蒸気圧の減圧制御を実施し、年間削減目標値の5割以上を5カ月間で達成しました。

重油からLNGへの燃料転換で設備の高効率化と地球温暖化対策へ貢献

タカナシ乳業が販売する製品群。

タカナシ乳業が販売する製品群。

タカナシ乳業株式会社 北海道工場が立地する北海道厚岸(あっけし)郡浜中町は道内でも有数の酪農地帯です。北海道工場は1982年に操業を開始し、生乳から脱脂粉乳、チーズ、生クリームなど、その土地の特長を活かした製品を生産する一方、自社工場に原料を供給する役割も担っています。

北海道工場が設備更新時期を控え、同社技術部ではボイラなどの設備を更新して高効率化を図るとともに、コスト削減および地球温暖化対策に対応するため、重油からLNGへの燃料転換を行うことを模索していました。

そんな折、同社では2015年4月に釧路にLNG基地が開設されることを知り、燃料転換の事業化の検討に入りました。燃料転換に伴い、大きなコストを投入して北海道工場敷地内にLNGのサテライト基地を建設する必要があります。そこで、省エネ事業を助成する経済産業省の平成27~28年度 エネルギー使用合理化等事業者支援事業※1(エネ合補助金)を活用することを決定。さらに、同補助事業のエネマネ事業者を活用することで補助率が1/3から1/2に引き上げられる施策を活用することにしました。タカナシ乳業では、エネマネ事業者としてアズビル株式会社を選定しました。

「アズビルとは、工場への制御機器やシステムの導入を通じて30年来のお付き合いがあり、そうした中で醸成された信頼感がありました。補助事業に関しては事前に情報収集していましたが、いざ申請作業に着手すると詳細な提出書類を作成するのに、大変な苦労をしました。また通常は半年以上要するといわれる準備期間も締切りまでに約3カ月しかなく、アズビルと議論を重ね、アドバイスをもらい、現場の意見も取り入れながら、急ピッチで申請作業を進めました」(菊地氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2018 Vol.2(2018年04月発行)に掲載されたものです。