HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社ナカニシ A1工場

株式会社ナカニシ A1工場

製造現場のオイルミスト削減を推進
作業環境の改善が生産性向上とブランディングに貢献

歯科医療用回転機器の領域で世界をリードするナカニシ。海外での製品需要拡大を見据え、生産能力向上を目指し新工場を設置した同社では、作業環境改善のため、電気集塵機を活用して製造現場のオイルミスト削減に取り組みました。その結果達成されたクリーンな作業環境により、作業員のモチベーションが向上するなど生産性の向上に貢献。同社を訪れるお客さまからの評価も高く、ブランドイメージを高めることにもつながっています。

製造現場の"美しさ"を追求。安全衛生、ブランド力の強化を目指す

1930年の創業以来、高速回転技術を核に、歯科医療機器、工業用切削・研削機器、外科医療機器などの分野で各種製品を提供している株式会社ナカニシ。「革新的削るテクノロジーによる美しい進歩の創造」をミッションとして、高度な技術力の追求のみならず、"美しい進歩"をも追い求めるという独自の哲学に基づき事業を展開しています。

特に歯科医療用回転機器(ハンドピース)の領域において同社は、1分間に45万回転という超高速回転を達成する製品を世に送り出すなど、その技術力はグローバル市場において高い評価を獲得。同社製品は世界135カ国・地域のユーザーに利用されています。連結売上高の比率を見ても、国内市場に比べて高い成長を期待できる海外市場での販売が約80%(2018年12月期)を占めており、同社のビジネスは成長の一途をたどっています。

ナカニシでは、そうした海外市場に向けた生産能力の強化を念頭に、「A1」と呼ばれる工場の新設に着手。日本で製品を生産することにこだわり、グローバル生産拠点として栃木県の鹿沼地区に新設した工場で同社が目指したのが、ミッションにうたわれる"美しさ"の追求でした。

「特にマシニングセンタ※1やCNC旋盤※2など金属加工機械を多用する当社の製造現場は、切削油の利用に伴う空気中へのオイルミスト※3の飛散が避けられません。それによって床や設備が汚れ、現場に油の臭いが充満するなど、従業員の健康や安全操業の面での問題の要因となります。その解消には、いかに製造環境にも“美しい進歩”を創造していくかということが重要な決め手となるわけです」(岡村氏)

「また当社には、週に数回という頻度で海外からのお客さまが訪れます。扱う製品が医療用機器ということもあり、どういう姿勢で、またどのような環境でモノづくりに取り組んでいるかということが製品の信頼度に大きくかかわります。我々の製造現場を、オイルミストが極めて少ない清潔・清浄な環境に保つことは、お客さまの信頼に足るブランドイメージを確立する上でも重要な課題でした」(阿久津氏)

オイルミストに関して同社では、以前から既設工場に電気集塵機(しゅうじんき)を導入して、対策を行ってきました。そこでは日本産業衛生学会が勧告値とする工場内のオイルミスト含有量3.0mg/m³といった数字を十分にクリアしていました。

「しかし、今回のA1工場においては、その値を0.3mg/m³にまで低減することを目標に設定し、製造現場の清潔さ、清浄さをより高いレベルで達成していくことを目指しました」(岡村氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2019 Vol.5(2019年10月発行)に掲載されたものです。