HOME > 納入事例 > 住宅分野 > 仲摩恵一邸 積水ハウス株式会社

仲摩恵一邸 積水ハウス株式会社

新築住居に全館空調システムを導入。快適性に富んだ"優しい住まい"を実現

仲摩恵一邸 積水ハウス株式会社

三重県四日市市に居住する仲摩恵一・仁子ご夫妻は、自宅の新築に際して、以前からの希望であった全館空調システムの導入を検討。様々なメーカーの製品を比較した結果、選択したのが山武の「きくばり」でした。その導入により、廊下や階段、浴室、トイレなども含めた寒暖差の少ない“優しい住まい”が実現。全館空調ならではの快適さを暮らしの中で享受しています。

海外で体感した快適性を第三の人生でも実現したい

全館空調システムの冷暖房を制御するコントロールパネル。1階のキッチンスペースの脇に設置されているほか、同じものが2階にも配置されている。

全館空調システムの冷暖房を制御するコントロールパネル。1階のキッチンスペースの脇に設置されているほか、同じものが2階にも配置されている。

三重県北部にあって中京工業地帯を代表する工業都市、四日市市。石油コンビナートを中心とした臨海部のほか、内陸部にも半導体や自動車、バイオなどの製造業が数多く点在し、全国有数の産業集積地として知られています。一方で、西に鈴鹿山系、東に伊勢湾を望む恵まれた自然環境から、近隣に位置する名古屋市のベッドタウンとしても発展を遂げています。そんな同市西部の丘陵地にある閑静な住宅街に位置しているのが仲摩恵一・仁子(じんこ)夫妻のお住まいです。

ご主人の恵一さんは、2009年8月に永年勤めていた大手電機メーカーを定年退職。今は仁子夫人とともにボランティアや趣味に取り組むなど活動的な日々を過ごしています。仲摩夫妻が、現在の住居の購入を検討し始めたのは2004~2005年ごろのことでした。

「同じ地区にある家に21年間住んでいましたが、3人の子供たちが巣立って、夫婦2人になると、子供部屋などで細かく仕切られた間取りの使い勝手が気になり始めました。そこで、新居を建てることを念頭に近くの土地を探し始めたのです」(恵一さん)

「一戸建てのほかに、都会のマンションも選択肢に入れて検討してみましたが、やはり周りの方々とも親交の深い住み慣れた土地がいいと考え、結局、住んでいた近所に家を建てるということに落ち着きました」(仁子さん)

その後、仲摩夫妻が希望に叶(かな)う物件に巡り合えたのは、2009年6月のこと。早速、夫妻はその土地の購入を決定。積水ハウス株式会社に新居の建設を依頼することとし、具体的な住居のプランの検討を開始しました。その際、夫妻が要望の1つに挙げていたのが全館空調システムの導入でした。

「全館空調については、会社の仕事で出向いた米国や欧州の住宅で実際にその快適さを体感し、家を建てるときには必ず導入したいと永年考えていました。老後のことなども考え、廊下や階段、浴室、トイレなどを含めて、寒暖差の少ない"優しい住まい"を実現するというのが夢でした」(恵一さん)

※2012年3月以前の情報は、旧名称が使われているケースがあります。ご了承ください。
この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年04月号に掲載されたものです。