HOME > 納入事例 > 建物分野 > 夢時代ショッピングモール

夢時代ショッピングモール

日本発の技術・ノウハウを核とした施策で
台湾国内における省エネ対策の範を示す

夢時代ショッピングモール

台北市に次ぐ台湾第2の都市、高雄市で営業する台湾最大規模のショッピングモールとして知られる夢時代ショッピングモール。同施設では、課題として抱えてきた電力コストの削減を念頭に、省エネ先進国である日本の技術・ノウハウを活用した施策に着手。ESCOサービスの活用によって投資リスクの最小化を図りながら、目標値を大幅に上回る省エネルギーの効果を上げることに成功しました。

台湾最大規模の商業施設で電力コストの削減が重要課題に

日本の九州とほぼ同じ広さの国土に、約2300万人の人々が暮らす台湾。今日では、グローバル規模で見ても、最も急速な経済成長を遂げている国の1つに数えられています。また、歴史を通して、日本とも深い関係性を維持してきており、特に近年ではITや半導体、電子機器産業を中心に、両国のビジネス上のつながりは非常に緊密なものとなっています。

夢時代ショッピングモールは、台湾南部にある工業・港湾都市である高雄市に2007年3月30日にオープン。ショッピングモールとしては、台湾最大規模を誇っています。約1万5000坪という広大な敷地内には、それぞれ地下2階、地上9階、屋上の計12のフロアを有する前棟、後棟の2つの建物が建てられています。両棟の内部には、800を超えるショップ、レジャーやアート関連、レストランが軒を連ね、1000を超える有名ブランド商品を取りそろえており、平日で約3万5000人、休日ともなると10万人もの買い物客が訪れて大きなにぎわいを見せています。

同施設の運営には、特に小売・サービス事業の分野において台湾屈指の知名度を誇る統一グループ傘下の統正開發股份有限公司が当たっていますが、施設のオープン以来、その運営に伴うエネルギーコストが課題となっていました。

「特に、施設全体で月間2000万台湾ドル(約5150万円)以上を要していた電気代をいかに削減するかが当社にとって重要なテーマとして浮上していました。併せて、統一グループ全体としても、企業の社会的責任(CSR)の一環として省エネルギーの推進を表明しており、それに向けた施策の強化が求められていたのです」(張氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2012年04月号に掲載されたものです。