HOME > 納入事例 > 工業分野 > 大成産業ガス株式会社

大成産業ガス株式会社

製品・サービス両面で日本品質の信頼性を提供
長きにわたるパートナー関係が安心と継続的成長を支える

韓国の産業用ガス領域において長きにわたり代表的なメーカーとして知られる大成産業ガス。製造業をはじめとする顧客に24時間365日の体制で産業用ガスを供給する同社にとって、それらの産業用ガスを生産する現場を支える計測制御機器・システムの選択は重要なカギとなります。製品・サービス面で常に日本品質の高度な信頼性を提供するパートナーを、会社設立以来一貫して採用してきたことが、同社の今日までの事業の成長を支えてきたといえます。

技術面、価格面双方での高評価が長年にわたる製品採用の理由

韓国の産業を支えるエネルギー供給企業として1947年に設立された大成産業株式会社。以来、大成産業ガス株式会社を中心とする大成は、エネルギー領域はもちろん、産業用ガスや機械、建設および流通など幅広い分野へと事業を拡大してきました。

大成内で酸素や窒素、アルゴンといった産業用ガスの生産・販売を担うのが大成産業ガスです。今日、同社の顧客は製造業をはじめ、医療、食品の分野にも拡大。韓国の産業用ガス領域における生産能力No.1の地位を獲得しています。

「この分野では後発の当社が、韓国内に早くから進出しているグローバル企業を抑えて生産能力No.1に躍進できたのは、液体のみを生産するバルク、液体を生産してパイプラインでお客さまに供給するトネージ、スペシャルティガス、お客さまのサイト内で生産するプラントなど四つの営業部門の目覚ましい活躍とともに、我々のビジネスを様々な側面から支えてくれているパートナー各社の尽力のたまものであると捉えています」(HAN氏)

中でも計測器や発信器、調節弁といった機器や監視制御システムの提供により大成産業ガスの生産活動を支援してきたアズビル株式会社は、同社にとって特に重要なパートナーの一社となっています。同社がアズビル製品を初めて採用したのは1979年のこと。今日では、同社が展開する13の工場、40余りのプラントのほとんどでアズビルの製品が活用されています。

「製品の品質が高く、操作しやすいという技術的側面と、価格競争力に優れているという側面の双方での満足度が非常に高いというのが、我々がアズビルの製品を積極的に採用し続けてきた最大の理由です」(LEE氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.6(2014年12月発行)に掲載されたものです。