HOME > 納入事例 > 工業分野 > JNC石油化学株式会社 市原製造所

JNC石油化学株式会社 市原製造所

地震発生時に製造装置を自動停止
従業員と地域全体の安全を確保できる体制を整備

JNCグループ石油化学部門の主力工場として、基礎化学品、機能材料の開発・生産を行っているJNC石油化学株式会社 市原製造所。同製造所では東日本大震災の経験を踏まえた防災対策強化の一環として、地震緊急停止システムを導入。規定以上の地震が検知された際に製造装置を自動停止させることで、従業員と地域全体の安全を確保する体制を整えました。

爆発事故をきっかけに防災、減災への取組みを強化

東京湾に面して広がる京葉臨海コンビナートの一角に位置するJNC石油化学株式会社 市原製造所。各種日用品から自動車部品、家電、建材、繊維など、様々な製品の素材として用いられるポリプロピレン、ポリエチレン、オクタノール、さらには液晶などの機能材料を国内外の市場に供給し、人々の暮らしを支えています。

一方で市原製造所は、防災、減災を最重要テーマとして掲げ、安全対策に力を注いでいることでも知られています。その発端となったのが、今から40年前に同製造所で発生した事故です。

「約2カ月半にわたって操業を停止するという事故でした。以後、事故の教訓を深く胸に刻み、『安全常に』をコーポレートポリシーに据え、全従業員が一丸となって防災、減災に取り組んできました。また、事故を風化させてはいけないということで25年後の1998年に検証ビデオを制作し、事故が発生した日に毎年各部署で必ずこのビデオを見ることにしています」(山田氏)

「昨今、プラントでの事故発生の原因の一つに腐食が挙げられます。当社では防災活動の中で、2005年から、構内に張り巡らされたパイプラック上のすべての配管を少しずつ持ち上げて、配管の裏側を含め外面腐食検査を実施しました。徹底的に不具合を摘出し、必要箇所に修理を施していきました。その結果、東日本大震災(市原市の震度は5弱)の際も、配管類の破損は皆無でした」(美濃氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.1(2014年02月発行)に掲載されたものです。