HOME > 納入事例 > 工業分野 > 松本ガス株式会社

松本ガス株式会社

自営のデジタル無線と可動式の監視拠点を採用した
ガス供給設備の遠隔監視により先進の災害対策を実現

長野県松本市を中心に、都市ガス、プロパンガスを供給する松本ガス。同社では以前から、災害時に向けたガス供給設備の遠隔監視の仕組みを整備してきました。先ごろ、旧来の有線による遠隔監視に加え、新たに自営のデジタル無線を併用した通信インフラを採用。混乱が予想される大規模災害の際も、確実に主要供給拠点の状況を把握し、遮断などの対処が行える仕組みを実現しました。

安定的なガス供給のため、災害対策の強化を目指す

松本ガス株式会社は1919年の設立以来、長野県松本市において、地域の暮らしと産業活動を支える都市ガスを供給してきました。塩尻市、安曇野市などの周辺エリアに向けたプロパンガスの提供も行っており、お客さま件数は総計で約27,000戸を数えます。

同社の際立った特長として挙げられるのが、ガス供給設備やシステムにおいて、自ら率先して技術開発に取り組んでいく社風です。

「例えば、1962年には、ナフサガス(石油系ガス)のプラントを自社で造り上げました。同プラントは“MG(Matsumoto Gas)式”という呼称で、いくつかのガス事業者に利用していただきました」(清水氏)

こうした先進的な取組みは、災害対策にも活かされています。同社では、1995年の段階で遠隔監視を行った上で、ガス供給を遮断できる仕組みをいち早く構築。受入所・供給所などのガス供給拠点におけるガスの流量や圧力・温度などのデータを、アズビル株式会社の遠隔データコレクタ DCX200を介して供給監視センターのパソコンで常時監視してきました。

「15年以上にわたってガス供給拠点に設置し運用してきたDCX200が、保守切れとなる時期を迎えました。遠隔データコレクタはシステムを構成する上で重要な機器です。この更新を契機に、災害対策のさらなる強化を目指すことにしたのです」(本木氏)

災害対策用に導入されたアズビルのインテリジェント地震センサ SES70™。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.5(2015年10月発行)に掲載されたものです。