HOME > 納入事例 > 工業分野 > 本田技研工業 埼玉製作所 寄居完成車工場

本田技研工業 埼玉製作所 寄居完成車工場

最新の安全規格に準拠した燃焼安全制御を実現。
グローバルな生産拠点へノウハウを展開

本田技研工業において、最新の生産技術を発信するマザー工場としての役割を担う埼玉製作所 寄居完成車工場。同工場では安全への取組みの一環として、工業用燃焼炉の最新安全規格である「JIS B 8415」に対応した燃焼安全制御を自動車生産ラインの塗装空調・塗装乾燥・脱臭設備に導入しました。さらに、そのノウハウをグローバルな生産拠点に展開していく体制を整えています。

最新JIS規格に準じた燃焼安全制御で、最先端の安全操業の実現を目指す

1948年の創業以来、「技術で人の役に立ちたい」を理念に、世界中の顧客に喜びを届ける技術・ものづくりに取り組んできた本田技研工業株式会社。近年では、その主力事業である自動車や二輪車に加え、ビジネスジェット機HondaJetの製造・販売を手掛けるなど、コーポレートスローガンである“The Power of Dreams(夢の力)”を原動力に、常にチャレンジを続けています。

本田技研工業 埼玉製作所は、自動車のボディのプレスから溶接、塗装、組立てに至る工程を担当する狭山完成車工場、寄居完成車工場、小川エンジン工場という三つの工場で構成され、国内を含む27カ国、68の生産拠点に向けた「ものづくり発信拠点」の役割を担っています。中でも2013年7月に操業を開始した寄居完成車工場は、年間25万台を生産する国内最大級の生産拠点です。本田技研工業が注力する、ものづくりにおけるCO2排出量最小化による環境負荷低減、あるいは製品品質の向上にかかわる先進技術を全面的に採用し、海外の生産拠点に対し、そのノウハウを展開していくためのマザー機能を持つ工場と位置付けています。

「寄居完成車工場は建設企画の段階から、環境面、品質面だけではなく、生産ラインにおいて最も重要な基盤となる安全面においても、最先端の取組みが求められていました。特に、自動車生産ラインにおいて、厳しい温湿度管理が求められる塗装ブースの空調、塗装後の乾燥プロセス、排気時の脱臭プロセスの工程で不可欠なガスバーナの燃焼安全制御は、重要なポイントでした」(伊藤氏)

「火気を用いる工程について、当社では以前から『爆発火災安全基準』という厳格な社内規定を設け、それに沿った運用を徹底してきました。公的にも近年、規格の見直しや制定がされており、燃焼装置関連の安全については『JIS B 8415』※1が改正されたこともあり、最先端の操業安全を目指すのであれば、改正JIS規格に準拠する必要があるだろうと考えました」(向後氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.6(2015年12月発行)に掲載されたものです。