HOME > 納入事例 > 工業分野 > 三井化学株式会社 大牟田工場

三井化学株式会社 大牟田工場

工場内計装機器の日常保全業務の一括委託により
安全で安定した操業と人的負荷軽減を実現

60ものプラントを擁する三井化学 大牟田工場では、ベテラン社員の退職などを背景に負荷が高まる現場計装機器の日常保全業務について、高度な保全ノウハウを持つパートナーに一括業務委託。自社の保全業務の効率化やトラブル対応の迅速化、予防保全の推進など、プラントの継続的な安定操業に向けた体制を強化することができました。

ベテラン社員の退職などを背景に、計装機器保全業務の見直しが必要に

1912年の創業以来、100年以上の歴史を誇る三井化学株式会社。三井三池鉱山で産出する資源を利用した石炭化学事業を端緒に、石油化学をはじめとする様々な化学事業を発展させ、人々の豊かな生活に貢献してきました。現在、同社では、自動車材料を中心とした「モビリティ」、歯科材料や不織布(ふしょくふ)などの「ヘルスケア」、農薬、包装材料などの「フード&パッケージング」の各領域を成長戦略の要としています。また、大量生産品から多品種少量生産による高付加価値製品への事業ポートフォリオの変革にも注力しています。

大牟田工場は、石炭化学事業がメインだった時代から、同社の生産活動の中枢を担ってきた拠点であり、ポートフォリオ変革においても中心的な役割を果たしています。広範な製品分野に適用されるウレタンをはじめ、光学プラスチックレンズ原料、農薬などを主力としながら、多種多様な製品を生産。福岡 ヤフオクドーム約36個分にも相当する252万m²の広大な敷地内では、およそ60ものプラントが設置されています。

プラント内の膨大な計装機器の点検や修理といった保全業務は、同工場の保全部門が管理を行い、実作業は地元の設備会社の常駐職員に依頼していました。

「2000年ごろから、当社保全部門のベテラン社員が次々に退職し、保全部門の人員にかかる作業負荷が急速に増大していきました。製造現場でのトラブル発生にも迅速な対応が行えず、トラブル対応時の作業報告書作成といった日々の業務も後手に回っていました。改善策を検討し、実践していく時間を取ることが難しいというのが実情でした」(林氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2017 Vol.1(2017年02月発行)に掲載されたものです。