HOME > 納入事例 > 工業分野 > 出光興産株式会社

出光興産株式会社

最新の通信規格に準拠したシステム構築により
高まるセキュリティ強化の要請に応える

石油精製を中心とした事業展開で人々の生活や経済活動を支える出光興産では、近年、社会の重要インフラ領域で高まるサイバー攻撃のリスクに対応すべく、プラント情報管理システムの更新を実施。Industry 4.0 で唯一の推奨通信規格OPC UAの採用によりセキュリティ強化を実現した新システムは、同社における操業データの分析・活用に大きな安心感を提供しています。

重要インフラ領域を狙ったサイバー攻撃のリスクが高まる

1911年の創業以来100年以上にわたり、石油精製を中心とする事業を通じて人々の生活や経済活動を支えるエネルギーの安定供給を担ってきた出光興産株式会社。2019年4月には、同じく長年にわたって我が国のエネルギーインフラを支えてきた昭和シェル石油株式会社と経営統合しました。統合新会社においては石油・電力・再生可能エネルギーなどのエネルギー分野のみならず、化学品・有機ELといった素材などの事業も幅広く展開。「日本発のエネルギー共創企業」として新たな歩みを進めていこうとしています。

数年前から、社会インフラを支える産業領域でもITを活用した情報の利活用が求められており、出光興産は、この分野において先進的な取組みをしてきたことでも知られています。例えば、全国に展開する製油所など製造現場で稼働する各制御システムに蓄積された操業データを、プラント情報管理システム(PIMS)※1で収集。BI※2ツールなども活用しながらデータ分析を行い、生産性の向上や省エネ達成に向けたプロセス改善につなげていくという活動を、同業他社に先駆けて展開してきました。

「特に近年は、石油や電気といったエネルギー分野など社会インフラ領域においてもサイバー攻撃の脅威が高まっています。実際に、海外の発電・送配電施設が攻撃されて管内の広範な世帯が停電に陥るなど、サイバー攻撃に起因するインシデント発生の例は枚挙にいとまがありません。そうした状況を受け、国民の生活や経済活動を支える重要インフラを担う事業者に対して、経済産業省は情報セキュリティ対策の強化を強く要請しています」(𠮷井氏)

「もちろん、エネルギーの安定供給を社会使命と掲げている当社にとって、そうした要請に応えていくことは重要なテーマです。その中の課題として浮上してきていたのが、現場の制御システムやPIMS、BIツールなどの間のデータ連携にOPC Classic※3と呼ばれるインターフェースを採用していることでした」(尾形氏)

OPC Classicは、制御システムや情報系システムの間でプロセスデータや履歴データなどをやりとりするための標準的な規格として、製造業などの分野で広く採用されています。しかし、仕様上システムの境界に配されるファイアウォールのポートを広く開けておくことが必須となっており、そのことが攻撃者につけ入る隙を与えるとして、以前からセキュリティ上の課題として指摘されてきました。

そこで出光興産では、長年運用してきたPIMSの老朽化更新を契機に、PIMS自体をOPC Classicに代わる新たな規格であるOPC UA※4に準拠したシステムへとリニューアルすることを決定しました。OPC UAはIndustry 4.0で唯一の推奨通信規格で、通信のために開放すべきポートを一つに絞れることから、旧規格に比べてセキュリティレベルを大幅に向上することができます。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2019 Vol.Vol.6(2019年12月発行)に掲載されたものです。