HOME > 納入事例 > 建物分野 > 大塚淺見ビルディング

大塚淺見ビルディング

中小規模建物の省エネ化を、公的助成金を活用して効率的に実施

大塚淺見ビルディング

東京都豊島区、JR大塚駅至近に立地する大塚淺見ビルディングでは、老朽化した空調設備の更新に伴い、省エネ対策を実施しました。取組みに当たっては、東京都が実施する中小規模事業所省エネ促進・クレジット創出プロジェクトの助成金を活用してコスト負担を軽減。空調を支える熱源装置の台数制御や照明のLED化を進めることにより、助成金申請時のCO2削減量・省エネ率の目標を達成する見込みです。

空調設備の更新に合わせ、省エネ対策の実施に舵を切る

都電荒川線の接続駅となっているJR山手線大塚駅。周辺には数多くの商店や商業施設、オフィスビルが立ち並び、にぎわいを見せています。そんな大塚駅から徒歩3分という好立地に立っているのが大塚淺見ビルディングです。地上8階、地下1階のこのビルは、建物のオーナーである淺見地所株式会社が事務所を構える地下階を除き、地上階のすべてが賃貸オフィスとなっています。

「当ビルの竣工は1988年。以来、建物の空調設備は20年以上にわたって、使われ続けてきていましたが、数年前から設備の老朽化に伴う不具合が発生するようになっていました。特に夏の暑い時季などに、空調の効きが悪くなるといったことも度々起こるようになりました」(伊東氏)

そこで、淺見地所では2011年に空調設備の更新を決定。ただ単に老朽化した機器を新しいものに置き換えるだけではなく、同時に省エネ対策の実施を含め検討を開始しました。

「東日本大震災に伴う電力不足が叫ばれている時期だったので、省電力に向けた社会的な要請が非常に高まっていたという背景もありました。その一方で、建物自体に省エネ対策をしっかりと施すことが、賃貸オフィスビルとしての付加価値を高めることにもつながると考えました」(森氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2013 Vol.3(2013年06月発行)に掲載されたものです。