HOME > 納入事例 > 工業分野 > JFEスチール株式会社 西日本製鉄所 福山地区

JFEスチール株式会社 西日本製鉄所 福山地区

世界有数の製鉄所を支える動力エネルギーの
一元管理で信頼性と効率化の向上を実現

JFEスチール株式会社 西日本製鉄所 福山地区

24時間365日稼働を続ける世界でも有数の生産量を誇る製鉄所。広大な敷地に点在するエネルギーステーションの運転監視を一元管理し業務の効率化を推進しました。扱い慣れた既存のPLCなどの資産を有効利用するとともにシステムの信頼性を確保。安全で安定した監視・制御が行えるようになりました。

世界有数の生産規模を誇る製鉄所

瀬戸内海に面した温暖な気候に恵まれた広島県福山市に位置するJFEスチール株式会社西日本製鉄所福山地区は、東京ドーム約190個分という広大な敷地に世界でも有数の生産量を誇る製鉄所で、年間の粗鋼生産能力は国内最大の約1200万トン規模を誇り、自動車・家電向けの薄鋼板を中心に生産され、日本国内やアジア地域へ出荷しています。本文

このような製鉄所では、高炉で鉄鉱石を溶解、還元して鋼(はがね)のもととなる銑鉄(せんてつ)を作り、鋼を固める連続鋳造(ちゅうぞう)の工程へ進み鉄が生産されています。高炉などの稼働には多くの電力が必要になり、その生産過程では冷却用に多くの水を使用します。製鉄所を24時間365日安定的に操業するには、この多くの電気・ガス・水などのエネルギーこそ欠かすことのできない重要なインフラであり、それらを的確に監視・制御することが求められます。

同製鉄所は、高炉や工程によって複数のエリアに分かれており、従来はそのエリア単位で電気・ガス・水・空気の管理を行っていたため、広大な敷地の10カ所以上にエネルギーステーションが点在していました。その後、電力やガスを「エネルギーセンター」、水を「浄水センター」、空気を「送風機センター」という形で機能別に統合し、異なる機種のDCS※1で監視・制御を行っていました。

「各センターのDCSが異なる機種のものだったため、操作性が統一されておらず、またオペレータの減少も伴い、管理をしていく上で対応が難しくなっていました」(杉山氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年12月号に掲載されたものです。